うちグル

トピックス

暑くなるこれからの季節に、意外!?な「ごほうびスイーツ」が登場

いつでもどこでも食べられる「いつでもイーモん」

暑くなるこれからの季節に、意外!?な「ごほうびスイーツ」が登場
外出控えなど新しい生活様式が求められる状況下にも最適
山形初。全国でも珍しい、まるでスイーツのような「つぼ焼きいも」が冷凍に
いつでもどこでも食べられる「いつでもイーモん」
2020年5月30日(土)より直営オンラインストアで本格発売開始

 

有限会社オカミツ不動産が運営する「つぼ焼きいも孫左衛門」では、つぼで焼いた紅はるかを冷凍し、外出控えなど新しい生活様式が求められる状況下でも、いつでも・どこでも「まるでスイーツのような焼きいも」が楽しめる冷凍つぼ焼きいも「いつでもイーモん」を、直営オンラインストアで2020年5月30日(土)より本格発売!
一般に焼きいもは冬のみ販売されることが常識で、暑くなるこれからの季節には意外かもしれないが、ここ数年「第4次焼きいもブーム」といった表現が聞かれ、2年前から大阪梅田の百貨店に常設店があるなど、庶民のおやつから百貨店商品に、かつ冬場限定から通年型商品に成長している。
なお、実際に寒い季節に店頭でつぼを使って焼く「つぼ焼きいも」を冷凍し通販する試みは山形県内では初。全国につぼ焼きいも店が30数店ほどしかないため、冷凍の「つぼ焼きいも」がいつでも・どこでも食べられることは全国でも非常に珍しい取り組み。

「冷凍つぼ焼きいも」いつでもイーモんを販売開始する背景

有限会社オカミツ不動産は、2003年に山形市南二番町にて創業し、主に不動産仲介業を営む。元々初代の岡崎孫左衛門が農業に従事し、現在も引き継いだ畑で毎年さつまいもを栽培。ある時、六代目の岡崎広一郎が栃木県益子市でつぼ焼きいもを食べ、まるでスイーツのような味わいに衝撃を受け、この感動を多くの人に伝えたいと2018年1月から初代の名を屋号とした「つぼ焼きいも孫左衛門」を創業。店舗は冬季限定(12月~4月末)、本業の不動産業が休みの水曜日のみの営業で、本年は2020年4月29日(祝)の営業をもって終了。
300年以上前からあるとされる焼きいもだが、戦前はつぼの中でさつまいもを焼く「つぼ焼きいも」の人気が高く、戦後「いしや~きいも~」の掛け声で引き売り屋台が登場し石焼きいもが定着。その後、遠赤外線を利用した「焼きいもオーブン」が普及しスーパーやコンビニなどでの販売も増えた。近年はコンビニの冷凍コーナーで売られることや、さつまいも博(2020年2月さいたまアリーナ)といったイベントも開催され、大阪梅田の大丸百貨店に通年型焼きいも店(2018年オープンした蔵出し焼き芋imot イモット)などもあり、「第4次焼きいもブーム」といった表現も聞かれるなど通年商品に成長した。
そんな中、かねてから「冬場以外にも食べることはできないか」といった要望に加え、特に今シーズンは「外出がしにくいから、自宅でいつでも食べられたら嬉しい」といった声も30~40代女性から多くあり、「つぼ焼きいも」の感動をもっと多くの人に知ってもらうのと同時に、外出控えなど新しい生活様式が求められる状況下でも、自宅でひと時の癒しなどごほうびスイーツを楽しんで頂ける商品をカタチにできないかと考えた。

そこで、2019年3月から江東微生物研究所山形営業所に相談し、「つぼ焼きいも」を1年間保持させる冷凍技術を実現。さつまいもは食物繊維が豊富で、1本で成人が1日に必要な食物繊維の半分が採れ、加熱した方が増えると言われている。また、焼いた時の甘さが安納芋と比較される紅はるかを使い、それをじっくりとつぼで焼くことで甘さがより増加する。食物繊維が豊富なヘルシーなスイーツとして、いつでも・どこでも焼き立ての美味しい「つぼ焼きいも」を楽しめる、冷凍つぼ焼きいも「いつでもイーモん」を、直営オンラインストアで2020年5月30日(土)より本格発売開始。
30~40代女性の「ごほうびスイーツ」に。また、外出控えなど新しい生活様式が求められる状況下で、自宅で過ごす時間が多くなりがちなお母さん(30代)とその娘さん(小学生)などに「いつでもイーモん」をダイス状に切ってバニラアイスクリームと一緒に食べるなど、ひと手間加えることで暑くなる季節にも最適な、(お父さんには内緒の)親子で楽しめる「巣ごもりスイーツ」として、「ほっこり」と「にっこり」を提供。なお、本件は山形市売上増進支援センターY-bizに、販売コンセプトの企画設計や情報発信の支援を受けている。

「冷凍つぼ焼きいも いつでもイーモん」の特徴

商品名の「いつでもイーモん」は、いつでも、どこでも美味しい「つぼ焼きいも」を召し上がって頂ける商品の特徴をストレートに表現。使用する紅はるかは茨城県産で、店長の岡崎広一郎が直接農家に足を運び、栽培の仕方や今年の出来具合などを聞き、味を確かめた上で吟味し仕入れている。甘さが強すぎず、上品で優しい甘さにこだわり選別。
「つぼ焼きいも」は名の通り「つぼで焼く焼きいも」を指す。「つぼ焼きいも」は専用のつぼの中に木炭を入れ、熱と遠赤外線を利用しじっくりと焼き上げる。10分毎にこまめにさつまいもを回しながら、1本焼くのに約2時間かけている。(一般的な石焼きいもは約40分)低温でじっくりと焼くことで、紅はるか本来の味を引き立て、しっとりとなめらかな焼きいもに。

 
商品名
「冷凍つぼ焼きいも いつでもイーモん」
製造販売元
つぼ焼きいも孫左衛門 販売先:http://magozaemon.jp/(直営オンラインストア)
価格
1kg 3,980円(税込/送料全国無料)、2kg 7,480円(税込/送料全国無料)
1本毎の個包装なので食べやすく、分けやすいのも特徴です。
 
 
有限会社オカミツ不動産「つぼ焼きいも孫左衛門」
担当 岡崎広一郎

TEL/090-5406-7386/FAX 023-633-0551
Mail magozaemonimo@gmail.com
URL http://magozaemon.jp
お問合せ先有限会社オカミツ不動産「つぼ焼きいも孫左衛門」
お問合せ先TEL090-5406-7386

最新の情報とは異なる場合がありますので、ご確認の上、ご利用下さい。

PICK UP TOPICSそのほかのトピックス