SPECIAL 特集

上杉謙信役 ジン君に聞いた 上杉まつりの楽しみ方

上杉まつりの楽しみ方

掲載号:ヨミウリウェイ 2017年4月号 vol.209

川中島合戦 場所:松川河川敷

川中島合戦の参加者は約800名。
中心となっているのは米沢市役所職員でつくっている「川中島合戦保存会」のメンバー。
毎年、川渡りをするのは米沢市の新人職員さんです。

あの武将の戦い、リアルに再現!

5度あったといわれる上杉・武田による川中島の合戦。米沢で再現されるのは、戦国時代最大の死闘といわれた、永禄4年(1561)秋の川中島合戦です。上杉の雷筒(らいづつ)と恐れられた、30匁筒(もんめづつ)の一斉射撃で火ぶたが切られます。

● シナリオ
合戦のシナリオである「戦国絵巻 永禄四年 川中島合戦之図」(2,000円)を、会場で買い求めれば、合戦の様子がより詳しくわかります。

見どころ1:車懸りの陣VS鶴翼の陣

朝もやの中、上杉謙信は陣を進め、川中島八幡原に「車懸(くるまがか)りの陣」をしきます。裏をかかれた武田軍は苦戦を強いられ、「鶴翼の陣」で戦いますが、上杉軍は武田の本陣を固める十二段の備えを破っていきます。

見どころ2:一騎打ち(三太刀七太刀)

武将たちが信玄から離れて斬りあうようになると、馬に乗った謙信がひとりで武田軍へ。馬上の謙信が信玄に太刀を振りかざし、一太刀、二太刀、そして三太刀。信玄は軍扇(ぐんせん)で受け、太刀をかわします。信玄の持っていた軍扇には7つの傷跡が残されていたといいます。

見どころ3:武田の川渡り援軍

戦局は白兵戦となり、二万の大軍が入り乱れる戦いに。武田軍の別動隊、高坂弾正(こうさかだんじょう)が山を下り、川を渡って駆けつけると、上杉軍は挟み打ちにあい、形成逆転、上杉軍は苦戦。上杉武田両軍とも未曾有の死傷者を出した戦いとなりました。

★ お愉しみ
90分の川中島合戦がおわっても、まだ帰らないで!
武将役となったスタッフを囲んで撮影会がはじまります。
頭巾姿の謙信、上杉28将、両軍の軍奉行(いくさぶぎょう)は特に人気があるんです。

謙信公は出陣の度に武いう儀式を行い、神仏に戦勝を祈りました。
こちらも見ていただきたいです。当日はまつりができる歓び、お客様をもてなす気持ちを込めて演じます。

米沢上杉まつり主なみどころ

  • 開催祭/オープニングセレモニー、ステージイベント、上杉神社例大祭、民踊流し、ステージイベント
  • 松岬神社例大祭
  • 愛の武将隊と民謡一家の魂の響演
  • 武禘式軍団行列、武禘式
  • みこし渡御、上杉軍団行列出発式、川中島合戦 ※各会場はご確認ください

RANKING!人気記事

つづきを読む
ZERO☆23×ヨミウリウェイ女子部 部員大募集!

#ヨミウリウェイ #ZERO☆23 #募集中

つづきを読む
店で人気の土鍋ごはんを炊飯器用にアレンジしました。

#ヨミウリウェイ #レシピ #米沢市

つづきを読む
「山形ランチパスポートVol.11」11/10(土)発売!

#パスポートシリーズ #グルメ

つづきを読む
すずらん通りに移転オープン!おいしい牛タンを駅前て…

牛たん友

つづきを読む
ご家庭でも簡単に作れるごちそうご飯です!

#ヨミウリウェイ #レシピ #山形市