エントリーする
うちグル

WORK はたらく

高品質・高性能の自動化生産設備を提供し
日本のモノづくりを支えます

株式会社デンソーFA山形製造業

  • 高卒
  • 専門卒
  • 短大卒
  • 大卒
  • 中途
  • マイナビ
  • 会社案内請求
  • 会社見学
  • インターンシップ

全従業員が一丸となって、お客様に喜ばれる自動化生産設備を提供しています。

ミーティング風景。仕事を進める上でコミュニケーションは欠かせません。

お客様のニーズに応える確かな「技術力」。その技術を活かして高品質・高性能の自動化生産設備が作られます。

お客様のニーズに応える確かな「技術力」。その技術を活かして高品質・高性能の自動化生産設備が作られます。

お客様のニーズに応える確かな「技術力」。その技術を活かして高品質・高性能の自動化生産設備が作られます。

若手社員も現場で経験を積み、仕事を通して「プロの技術者」に成長していきます。

女性社員もイキイキと働ける職場環境。職場には笑顔が溢れています。

ここが魅力
POINT
1. 最先端の自動化生産設備を「イチ」から手掛けている。
2. 充実の研修制度と、先輩によるきめ細かな指導。
3. お互いにフォローしあう、働きやすい職場環境。

FAX: 023-655-5426

〒994-0057 山形県天童市石鳥居二丁目1番57号

主な
事業内容
オーダーメイドの自動化生産設備の設計・製造・販売
設立1988年5月
代表者代表取締役 宗田 平吉
資本金3.5億円(株式会社デンソー100%)
社員数312名(男230名/女82名)
初任給大学院了 229,000円、大卒 207,000円、高専・短大卒 181,000円(2019年度実績)
休日休暇年間休日121日
土・日曜(完全週休2日制)、GW、夏季休暇、年末年始休暇、他
福利厚生雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金、団体保険、退職金制度、慶弔見舞金、従業員持株会、他
インターンシップ

可能
[体験期間]1日〜5日
[申込方法]電話またはメール

大学生アルバイト

不可

採用担当者連絡先

TEL: 023-655-5477
(担当: 兵藤)
MAIL: jinji_www@denso-fy.co.jp

「システムインテグレーター ナンバーワンを目指して」をビジョンに掲げ、常にお客様のニーズに応えたオーダーメイドの自動化生産設備の設計・製造・販売を行う株式会社デンソーFA山形。トータルエンジニアリング企業として「プロの技術者集団」が営業から設計開発・製造まで一貫して対応し、自動車関連部品メーカーを中心に、山形を拠点に全世界へ高品質・高性能の設備を提供しています。
仕事で大切なことは『チャレンジ精神』

社名にあるFAとは、Factory Automationシステムの略。その名の通り、工場で行われるさまざまな生産工程を自動化するシステムのことです。

 「求める人材像は『自ら学び、自ら考え、新たな価値の実現に向けて挑戦し続けていく人材』です」と話すのは、採用を担当する管理本部の阿部浩取締役本部長。「当社は若手でもどんどん挑戦できる会社ですので、失敗を恐れずに行動できる方に来ていただきたいです」。

また、営業に限らず、設計や製造部門のスタッフもお客様と直接やりとりをしながら設備開発を進めるため、「コミュニケーション能力も重要」と阿部取締役は続けます。

「現場ではビジネスパートナーと仕事をする機会も多く、コミュニケーョンがとても重要になってきます。気がついた点などをしっかりアウトプットし、会話のキャッチボールをしながら関係性を構築できる人がいいですね」と話します。

『モノづくりは人づくり』充実した人材育成制度

入社後は全体での新入社員研修を行いますが、それぞれの部署に配属された後も2年目研修、3年目研修、中堅社員研修といった階層別の教育を行い、各階層に応じたスキルやマインドを身に付けます。また、配属された部署では、部署毎の教育プログラムに沿って段階的に研修を進めていきますが、先輩や上司からの指導・助言を受けながら経験を積んでいくことができ、仕事を通して成長することができます。

お話しをお伺いした阿部浩取締役と総務部人事課の兵藤祐司さん。

私生活も大切にできる職場環境を備える

「共働きの方が多い山形の地域性を加味して、常に改善しながら働きやすい環境を構築しています」と話すのは採用担当の兵藤祐司さん。特に働く女性へのサポートが充実していて、育児休職の取得率は10年以上100%。他にも、フレックスタイム制を早くから導入し、9時半〜15時のコアタイム以外の前後の時間帯は、各自の裁量に任せています。また、健康企業宣言を行い、経済産業省と日本健康会議が共同選定する「健康経営優良法人 〜ホワイト500〜」の認定を受けるなど、社員の健康管理も組織的に進めています。

プライベートも大切にできるオンオフのメリハリのある社風のもと、自分自身の成長や、充実した私生活を実現できる会社です。

入社2年目の社員を対象に行われる研修会の様子。グループワークや座学を通して、より深い知識やマインドを学びます。

入社直後に2泊3日かけて行われる新入社員合宿研修の様子。社員としての心構えや、ビジネスマナーなどを学びます。

実際の現場で実務を体験できるインターンシップの受入れにも力を入れています。

TOP MESSAGE代表者からの言葉

お客様の要望に応えながら設計開発を進めることが会社の成長に繋がる

代表取締役宗田 平吉さん

山形県山辺町出身。 新たな業界へも積極的にチャレンジしていきたいと語る宗田社長。

デンソーFA山形は2018年12月より、世界第二位の売上規模を誇る自動車部品メーカー「デンソー」のグループ会社に入り、現在の社名となりました。当社で手がける設備の多くは自動車関連部品の生産設備。自動車業界では電動化や自動運転といった技術革新が進んでいますので、お客様と協力しながら設備の設計開発をしています。また、自動車関連の設備に限らず、医療や機械など新たな業界分野への拡充も進めているところです。

東北パイオニアのFA事業部にて現在の事業をスタートして以来、30年以上培ってきたノウハウや技術力をベースに、お客様の様々なニーズにオーダーメイドでお応えし、オンリーワンの設備を構築しています。これまで社員が一丸となって設備開発を行い、それが会社の成長に繋がってきました。納品実績は19カ国145社(2019年10月現在)と、世界中に拡大しているので、日々の業務を通して常にグローバルな視点を養うことができると思います。

私たちの仕事で大切にしているのは、なんと言っても「人」です。トータルエンジニアリング企業として、「プロの技術者集団」が営業から設計・製造まで一貫して行なっています。次世代のエンジニアを育成し、その成長を通してモノづくりの発展にも貢献していきたいと思います。そのためにも、当社で大いに経験を積んで成長して欲しいですね。

今後は、地元に貢献できる企業としてさらに成長していきたいです。今年の2月には、当社製作の将棋代指しロボット「電王手 桜将(おうしょう)」のお披露目イベントを行います。その後は地元天童をはじめとして県内の様々なイベントに出展する予定です。当社の成長を地域の盛り上がりに繋げていければ嬉しいです。

昨年、天童桜まつりの子ども人間将棋に参戦したデンソーの将棋ロボット「電王手一二さん(いちにいさん)」。

毎年恒例の納涼祭では自分たちで焼鳥や焼きそばなどの屋台を出店します。

天童市内の会場を借りて行われる忘年会。毎年多くの社員が参加し盛大に行われます。

INTERVIEW若手スタッフ紹介

「忘年会や納涼会など社員同士で交流する機会があり楽しい」と話す佐藤さん。業務中とは違う雰囲気で、社内の結束を高めていきます。

俯瞰で物事を捉えることを大切にしています。

調達部調達課(入社2年目)佐藤 佳央理さん

「会社説明会の時に、数億円単位で設備が取り引きされることにインパクトを受け、当社に惹かれました」と話す佐藤さん。現在は、製造に必要な部品を仕入れる調達部調達課の加工品グループに所属し、加工メーカーに部品を発注する業務を担当しています。

「図面を読んで、適正なメーカーを選び発注するのですが、大学では経営の勉強をしていたので、入社当初は図面を読むこともできず、加工品の知識もなかったので、先輩方に教えてもらいながら仕事を進めています」。

入社以来、先輩から業務を学んできた佐藤さんですが、2年目となる現在、初めて一人で案件を担当しています。「必要な部品点数も多く、模索しながら進めています。自分の裁量やセンスが問われますし、業務の幅も広く、コストや納期、品質など全体を俯瞰で見ないといけないので大変ですが、交渉力や調整力も必要なので人間的にも成長できると感じています」と佐藤さん。

働く環境としては「有給休暇が取りやすいのが嬉しい」と話します。社員同士がお互いの担当をカバーできる体制があり、佐藤さんも、プライベートを充実させるために取得するそうです。

「文系出身で不安も多かったのですが、些細なことでも先輩方に相談しやすい環境で安心して働くことができました」と佐藤さん。周囲から助けてもらいながら、ものづくりの現場で経験を積み着実に成長しています。

my WORK STYLE先輩の1日に密着
Q1.この会社でよかった!と思うことは?

文系でも理系でも活躍できるフィールドがあることです。私は文系出身ですが、業務を通して加工知識などを勉強しています。課内でも2カ月に渡って勉強会をするなど、学ぶ機会が多いです。

Q2.仕事のやりがいはなんですか?

自分で図面を確認し、必要な材料を調達しますが、発注先や価格交渉など自分の裁量で決めていきます。難しいですが、さまざまな工夫や知識を求められるので、やりがいがあります。

Q3.将来の夢はなんですか?

経験を重ねて今以上に知識を習得し、モノの価値を見極める力をつけたいです。図面から完成品や必要なコストをイメージできるようになれれば。コスト面での提案もできるように成長し、会社に貢献したいです。

10:00 | メーカーと打ち合わせ

電話などで加工メーカーと打ち合わせします。加工メーカーにも積極的に足を運び、現場を見学させてもらうこともあるそう。

11:00 | 図面チェック

二次元の図面から完成品をイメージし、必要な部品を読み取ります。コストなどを考えながら適正な加工メーカーを選びます。

14:00 | デスクワーク

加工部品の価格もイメージしながら、コストや納期、品質などさまざまな観点から俯瞰で物件を把握し業務を進めます。

16:00 | 上司との打ち合わせ

不明な点の相談や進捗状況の確認などを行います。困ったことがあるときには、些細なことでも相談しやすい雰囲気です。

エントリーする!

Related!関連記事