エントリーする
うちグル

WORK はたらく

モノづくりは人づくり、人づくりは心づくり
目指すは日本一元気なIT企業

株式会社ハイテックシステム情報サービス業

  • 専門卒
  • 短大卒
  • 大卒
  • 中途
  • 会社案内請求
  • 会社見学
  • インターンシップ

生き生きと明るい社風は若手社員にもしっかり受け継がれています。

開放感のあるらせん階段を登ると、社員の憩いの場『waku waku room』が。

開放感のあるらせん階段を登ると、社員の憩いの場『waku waku room』が。

社内コンパなどでお酒も楽しめます。

客先での機器類の保守作業には、ロゴ入りの作業着で。

客先での機器類の保守作業には、ロゴ入りの作業着で。

自社オリジナル製品の開発も。

お客様からのご相談や問い合わせに応えるヘルプデスク。

セキュリティログやネットワークを監視、分析するTSOC(トータル・セキュリティ・オペレーションセンター)とスタッフ。

セキュリティログやネットワークを監視、分析するTSOC(トータル・セキュリティ・オペレーションセンター)とスタッフ。

ここが魅力
POINT
1. 独自の経営指針・戦略をもったIT企業。
2. 社内コンパ、懇親会、多彩で積極的な社内活動。
3. 誕生日・結婚記念日・9日連続有給休暇。

FAX: 023-628-9456

〒990-0023 山形市松波1丁目16-7

主な
事業内容
サイバーセキュリティ事業、クラウドサービス事業、インフォメーション事業、保守サポート事業
設立1991年10月
代表者代表取締役 土屋 浩
資本金5,000万円
社員数22名(男15名/女7名)
初任給大卒 195,000円、高専卒 195,000円、短大卒 180,000円
休日休暇年間休日113日 
土・日曜・祝日(月一回土曜出勤あり)
年末年始、GW、お盆休み、誕生日、結婚記念日、9日間連続有給休暇
福利厚生雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金、退職金制度、資格取得支援制度、KAIZEN提案MVP
インターンシップ

可能
[体験期間]1 日(4時間程度)
[申込方法]電話またはメール

大学生アルバイト

不可

採用担当者連絡先

TEL: 023-628-9455
(担当: 土屋)
MAIL: soumu@hightech.co.jp

東北で初のセキュリティオペレーションセンター「TSOC」を保有してのサイバーセキュリティ事業をはじめ、4つの事業を柱として「戦わない経営」で実績と信頼を積み重ねる株式会社ハイテックシステム。1991年の創業以来、他のIT企業と差別化した独自の製品やサービスを展開しています。環境に配慮したCSR活動、社内活動にも積極的に取り組み、生き生きと明るい社風を培っています。
これから求められる時代に不可欠なサービスを

世界を席巻する多くのIT企業がそうであるように、株式会社ハイテックシステムも、小さなガレージでのシステム開発からスタートしました。さらにパソコン、サーバーなどのモノづくりを展開。そして、現在の柱となる4つの事業について、土屋専務はこう話します。

「サイバーセキュリティ事業は、東北初のTSOC(自社セキュリティ監視センター)を保有し、中小企業のセキュリティを守っています。またネットワークを監視する機器の自社開発など、新製品開発にも力を入れています。クラウドサービス事業は、自前のデータセンターを所有し、様々なお客様へサービスを提供しています。インフォメーション事業では、ハードウエア開発の強みを生かし、地元企業をはじめ全国へKIOSK端末やデジタルサイネージを導入展開しています。保守サポート事業は、製品およびネットワークの構築・保守サポートを行っています」。

「感動経営」と「心の経営」で日本一感謝される会社へ

「私たちは、これらの4つの事業を通して、お客様満足を超えた『お客様感動』を提供することが使命と考えています」。

そのために、挨拶・掃除・朝礼・感謝を基本とした、人の心をベースとした経営で社員一人ひとりの誠意ある心を磨き、世の中に貢献できる「人財」を育てていきたいと言います。

「モノづくりは人づくり、人づくりは心づくりです。そして、私たちの製品やサービスは、単なる商材ではなく、本気の仲間の『社員』であるのです」。

専務取締役・採用担当
土屋玲子さん

素直な人間性が第一
ともに全国の企業を元気に

「求めるのは、物事を素直に受け止めることが出来る人。自分の思い、考えを持ちながら、良いところは伸ばし、悪いところは改めることができる、その人間性です。スキルや経験は関係ない」と土屋専務。

毎年開催される「感謝際」には、社員の家族、お客様、協力企業の方々など200名もの参加者が一堂に集い、和気あいあいと懇親を深めると言います。

ハイテックシステムの、「世の中のために」「お客様のために」「仲間のために」「自分のために」貢献できる会社、幸せにできる会社を目指すことを掲げた経営理念の実践は、こんなところにも顕著に現れています。

社員が使うミーティングルーム

テレビ会議システムや壁一面のホワイトボードなど、充実した設備がたくさん!

TOP MESSAGE代表者からの言葉

利益は社員と家族を守る資源
「戦わない経営」で得意を生かし、愛される無敵な存在へ

代表取締役土屋 浩さん

1960年、長井市生まれ。東京の大学を卒業後、30歳の時、1991年ハイテックシステムを創業。来期で30年となる。

「私が社員にいつも伝えている言葉に“良きことを思い、良きことをすれば、必ず良きことが訪れる〟という因果の法則があります」と言う土屋社長。

20代前半で家業を継ぎ、辛酸をなめ、苦労の果てにあっても、全力で真摯に仕事に向かい合ってきたからこその言葉です。

「戦わない経営」も同様です。企業活動とはイコール競合他社との戦いと考えがちですが、そのために売上至上主義に走り、不毛な低価格競争に陥り、結果として会社も社員も疲弊してしまいます。

「そういった悪循環から脱するために、戦うことをやめようと決心したのです」。

具体的には、元請け(一次受注社)にこだわらず黒子で良しとすること、そして、ハイテックシステムにしかできない得意な仕事に集中し、付加価値を提供すること。

「戦わないから、敵を作らない、すなわち無敵なんです。だから愛される存在になれる。今では、お客様のほうから問い合わせをいただけたり、ライバル企業からも協力のオファーをいただけるようになりました。そもそも安売りとは、自信のなさであり、自分たちの仕事に対する逃げなんです」。

赤字覚悟での経営戦略転換により、現在は利益率がアップ。そして、その利益とは社員と家族を守る資源であると、公言します。こうも話します。

「社員が一生幸せに暮らせる会社を創る、物心両面の幸せを追求し、社員と家族を守ります。それが私の務めです」。

世界を視野に入れた、事業の全国展開を目指す土屋社長。その仕事や社員への思い、経営哲学は、生き生きとした明るい社風を築き、何事についても全社員が一致団結する力を生み出しています。

毎年8月に会社の敷地内で開催している「感謝祭」昨年は、200名の参加者となる。みんな笑顔!!

毎年5月に行く社員旅行では、新入社員も参加して、先輩社員との距離が縮まります。昨年は広島へ。

福利厚生の一環として畑作業をしています。パソコン作業の合間にリフレッシュができます。

INTERVIEW若手スタッフ紹介

パソコン、インターネットとの出会いは、小学生の時の友人宅で触れたMacだっと話す富塚さん。

自分の目指す生き方、目標に向かい、
仕事と社内活動の両輪で人間的に成長

クラウドサービスグループ運用チーム サブリーダー(入社6年目)富塚 沙央里さん

小学5年生の頃からパソコンに興味を持ち、絵を書いたり、その絵を紹介するためのホームページを作ったりと、一日中夢中になっていました。

大学は文系を専攻しましたが、就職活動を始めるにあたり、パソコンやインターネットの楽しさを再認識し、自分の好きなことを仕事にしたいと思いました。

入社の決め手は社風です。企業訪問の際に、社員のみなさんがとも明るく、元気に声を掛けてくれ、IT業界のイメージも大きく変わりました。

現在は、企業や自治体、大学等のホームページの運用保守、更新のサポートに加え、新規サイトの構築にも関わるほか、ITツールおよびネットワーク機器のご提案も行っています。

なかでも印象に残っているのは、自治体ホームページのリニューアル業務です。長期にわたる構築期間を経て、無事に公開することが出来たときの達成感は、強く心に残っています。自分がこの業界を志望するきっかけとなったホームページづくりを一から担当できたことは大きな喜びでした。

お客様の困りごとに対して改善策を提案し、解決していくことは喜びとやりがいに繋がります。その過程でご担当者様との距離が縮まっていき、最終的に感謝の言葉をいただくと、本当に嬉しいです。今後は、IT全般に対応できるよう日々学び、チャレンジし、自分自身のスキルアップに努めていきたいと思っています。

my WORK STYLE先輩の1日に密着
Q1.この会社でよかった!と思うことは?

新しい仕事に挑戦する機会が多くあること。どんなときもみんなで支え合い、前向きな気持ちで仕事ができる環境があります。社内の委員会活動も活発で、社員の間に温度差を感じません。

Q2.仕事のやりがいはなんですか?

お客様からの感謝はもちろん、仕事での経験を重ねながら新しい知識を身に付けられることです。お客様との交流を通し、自分の考え方の変化、人間的な成長を実感しています。

Q3.将来の夢はなんですか?

日々目まぐるしく進化するIT業界にあって、変化するお客様のニーズに応え、業務・ご提案の幅をさらに広げていき、気軽にご相談いただけるような存在を目標にしています。

8:40 | 朝礼

毎朝の朝礼は、社員同士の気持ちを合わせ、活力を養います。一日のスタートには欠かせません。

11:00 | お客様サポート

お客様から頂戴したお電話の対応。お客様の要望をしっかり聞いて、丁寧な対応を心掛けています。

13:00 | お客様先へ移動

担当しているお客様へ車で向かいます。現地では、打ち合わせや実際にメンテナンスなども行います。

15:00 | 上司への報告、打ち合わせ

お客様から頂いた要望や、仕事の進捗、相談などを上司に報告。オープンスペースの話しやすいスペースで立ちミーティングも重要な仕事。

エントリーする!

Related!関連記事