エントリーする
うちグル

WORK はたらく

地域のあらゆるビジネスシーンに「専門力」×「総合力」で応えます。

オビサン株式会社卸売業・サービス業

  • 高卒
  • 専門卒
  • 短大卒
  • 大卒
  • 中途
  • マイナビ
  • 会社案内請求
  • 会社見学
  • インターンシップ
  • オンライン説明対応

大型液晶モニターの前に若手社員が集う。

営業はマーケティング、プレゼンテーション、案件獲得で多彩な「技」を発揮。

若手社員のチャレンジをベテラン社員の経験がパックアップします。

お客様のニーズを的確に把握するために、ヒアリング力がとても重要です。

お客様のニーズを的確に把握するために、ヒアリング力がとても重要です。

明るい雰囲気のカウンターで打ち合わせ。

社内清掃などの分担も役職や男女に関係なく均等にローテーションします。

ここが魅力
POINT
1. 地域に密着した一世紀以上の歴史ある企業。
2. 少数派の生活事情にも配慮した働き方改革。
3. ビジネスソリューションのあらゆる分野に対応。

FAX: 023-633-3264

〒990-8668 山形県山形市流通センター1-9-2

主な
事業内容
ネットワーク&オフィス事業、産業資材販売
設立1941年12月
代表者代表取締役社長 小嶋 寛之
資本金3,670万円
社員数オビサン単体50名(男40名/女10名)
グループ128名(男98名/女30名)
初任給22歳大卒 170,000円~、
20歳専門卒 164,000円~
休日休暇年間休日数:113日/日・祝、他会社指定日
年次有給休暇 2020実績15.9日(取得率82%)
結婚休暇、服喪休暇、妻出産時休暇、法定を超える子の看護・介護休暇、失効年次有休積立
福利厚生法定社会保険完備、慶弔金、傷病見舞金、10・20・30・40年勤続表彰、30年リフレッシュ休暇
グループ会社コイップ㈱、シャープ事務機山形販売㈱
㈱東和商会、㈱奥羽エコール
インターンシップ

可能
[体験期間]1日~5日
[申込方法]学校を通して受付

大学生アルバイト

不可

採用担当者連絡先

TEL: 023-633-3331
(担当: 斉藤)
MAIL: honbu@obisan.co.jp

創業は1898年。「ネットワーク&オフィス」と「産業資材(紙&包装資材)」を事業分野とする企業です。山形・秋田・宮城の3県に拠点を構え、「専門力」と「総合力」をもって多岐にわたる顧客のニーズに応えてきました。一世紀以上にわたる歴史は築きあげてきた信頼と実績の証です。お客様に対する感謝の気持ちを忘れることなく、時代の変化に柔軟に対応しながら、地域の企業活動を支えます。
地域のビジネスニーズに寄り添う事業展開

 「オフィスや施設空間には常に生産性と創造性を向上させる知恵が求められています。そこは未来へのイノベーションを生み出す場として、まだまだ進化する可能性があります」と話すリクルート担当の片桐さんと佐々木さん。
 オビサンは、その事業分野を時流やニーズに合わせ、適確に拡張してきました。事業の柱の1つは「ネットワーク&オフィス事業」です。オフィスデザインなど仕事環境と、オフィスのデジタル機器やソフトウェア構成、ITネットワーク構築を総合的にプロデュースできる強みを持ちます。
 事業のもう1つは「産業資材(紙・包装資材)」。製造・生産、流通・物流に不可欠なパッケージ、包装・出荷資材、包装機械、印刷用紙を幅広く取り扱っています。

お客様のニーズに応えるため多様なスタッフのアイデアと力を結集させます。

活躍できるフィールド、事業エリアは多彩

 いずれの事業も、あらゆる企業のビジネスをサポートする「B to B」事業。二つの事業領域でスキルを身につけ、『専門力×総合力』でプロフェッショナルな能力を発揮できる企業として、一人ひとりが活躍できるフィールドも多彩であることを物語っています。
 「だからこそ、求める人材像の筆頭は自己をコントロールできること。組織でリーダーシップを発揮するために不可欠な要素です。そして、新しいことにチャレンジする好奇心と、とことん知りたがる探求心。さらに、周りの人と良好な関係を構築できる人です」。

充実した福利厚生の各制度
働きやすい職場環境

 「一般的な制度はもちろんユニークなものも。たとえば、お茶出しは、来訪を受ける者が、管理職、役員であっても自分で用意するルール。流し場清掃ローテも男女負担を均等化しました」。
 介護や子の看護休暇を時間単位で有給化したり、妊娠に関わる時間内通院や休憩延長、業務負担軽減といった母性健康管理規定、さらに法定外がん検診、メンタルヘルスケアの実施など、男女問わず様々な働きやすい制度も積極的に実施しています。
 「資格取得の費用は会社が拠出しますし、自由闊達な雰囲気のなかで個々のキャラクターを際立たせ、互いのがんばりを支え合うことで相乗効果が生まれます」。
 また、自立した社員会組織が主催する行事や任意の部活動などを楽しむなど、「社外でも仲良し」が魅力であり、社員間コミュニケーションを促進しています。

リクルート担当の片桐さんと佐々木さん。戦前掲げていた看板「和洋精撰 紙 茶」の前で。

INTERVIEW若手スタッフ紹介

社員教育、先輩からの指導も充実
将来は営業職として活躍したい

ビジネスソリューション事業部(入社1年目)村上 友理さん

ワークライフバランスが取りやすく住み慣れた山形で働き、地元に貢献したいとの思いがあり、説明会でのやさしく明るい雰囲気に惹かれて入社を決めました。現在の業務を通して経験を積みながら、オンライン勉強会でIT関連の資格も取得。人とかかわるのが好きなので、お客様や同僚と接する中で様々な考えを吸収し、切磋琢磨していきたいです、ゆくゆくは信頼される営業マンとしてバリバリ働きたいと思っています。就活は焦らずあきらめず、直接見たり話を聞き、自分に合った会社を!

TOP MESSAGE代表者からの言葉

新しい時代の新しいビジネスモデルにチャレンジ
若いからこそ、仕事に夢と希望を

代表取締役小嶋 寛之さん

1970年仙台市生まれ。育ち山形市。高校卒業後上京し進学。東京で5年、シンガポールで1年勤めて、2000年家業のオビサンへ。2012年に社長就任。

 創業からの122年は時代変化への対応の歴史でした。永遠に成長し続ける分野などはなく、その時代において、成熟し守っていく分野と、新しいマーケットとして大きく成長する分野があります。オビサンは長い歴史のなかで、成長させたい分野に経営資源を投下し、事業育成に努めてきた経緯があります。
 もはや古くなった壁は取り壊し、今こそ伸びる可能性のある分野で組織的に人材開発を行うことにより、安定した成熟分野とのバランスを保ちながら、良い循環による全体の収益向上と新陳代謝を図ります。
 これと並行して、分野をまたいでマルチ対応できる「多機能化」を進めています。単なる業務ローテーションでは終わらず、例えば一人の営業担当が複数の部門に所属し、曜日と時間で仕事と肩書を使い分けるケースがあります。また、デジタル機器の営業が、本来管理部門で求められる衛生管理の資格試験にチャレンジしています。エンジニアに対し経理実務の基礎研修を実施したのは、ビジネスソフトウェア開発には、経理実務感覚も必要と思ったからです。
 これらの取組により、組織づくりにバリエーションが増えましたし、社員一人ひとりの異なるライフサイクルに対応し、皆が協力し合い仕事を分担する素地にもなります。就業規則は副業可です。2020年は若い技術者からの副業申請あり、自分の可能性を探るのは非常に良いことと感じました。
 また、今や企業のあり方として、社会課題に取り組む姿勢は必須です。新しい時代のビジネスモデル、公共性や社会益の理念が伴う取引や事業を、若い感性で創出していきたい。加えて、ディスクロージャー(情報開示)を進め、みなさんに会社のことを良く知って頂けるよう努めます。
 若いみなさんに伝えたいのは、仕事=生活のためと考えるのは、子育て、子どもの教育、親の介護、自分自身のことなどがいずれ現実化し、自然とそうなるということです。オビサンはそのための支援制度もあります。ですから、特に20代なら、仕事に夢と希望、自己実現を求めてほしい。それが若い人の特権だと思うのです。夢と希望を持って、世の中のリアリティに向かっていってください。

INTERVIEW若手スタッフ紹介

企業説明会でオビサンの社風に強く惹かれ、「この会社でシステム開発の仕事をする!」と直感。それ以外考えられないほどだったと話す。

自分が興味のあったプログラミングを仕事にできている喜びは大きい!

ネットオフィス事業部(入社3年目)丹野 海渡さん

「以前から家族でよく利用していたお店がお客様となり、システム開発を手がけたことが、これまでの仕事でもっとも印象に残っています」。
 社会の役に立っていることを実感し、社会人として働くことに身が引き締まる思いだったと、丹野さんは話します。
 就活に関しては、「それ以前に様々なことに興味を持ち、勉強やあらゆることに本気で向かい合うことが大切」と強調します。
 丹野さん自身、高校時代は部活動に熱中し、パソコンに触れたこともなく、専門学校に入学当初は「Wordで保存の仕方すら知らなかった」と笑います。
 「もちろん、入社後やっていけるかの不安もありましたが、新人にもいい仕事の機会、チャンスをもらえ、刺激があります。先輩方も分からない点はきっちり教えてくれます」。
 また、プログラマーは残業や徹夜が当たり前という先入観があったと言う丹野さん。
 「それが、オビサンでは定時退社が社風。最初は驚きました。時間内でいかに効率化をはかるかを重視しているんです」。
 もうひとつ痛感したのは、プログラマーは、オフィスにこもって作業するだけでなく、お客様へのヒアリングから稼働後のサポートまでコミュニケーション能力が求められること。
 「最新の情報にどん欲に取り組み、現実に甘んじることなく成長していきたいと思っています」。

my WORK STYLE先輩の1日に密着
Q1.この会社でよかった!と思うことは?

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)やドローンといったはじめてのことについて学ぶ機会も多く、新しい分野に挑戦することで視野が広がり、大きく成長できたことです。

Q2.仕事のやりがいはなんですか?

お客様の要望に沿ったシステムを開発し、お役に立てること。また、経験を通して開発技術や開発速度の向上などで、自分の成長を実感できるときです。

Q3.将来の夢はなんですか?

技術の飛躍的な進歩に取り残されないよう、常に新技術の情報収集を行ないたい。プログラミング技術を向上させて、よりいっそう会社や社会に貢献できるように努めたいです。

9:00 | デスクワーク

メールチェックなど、今日の仕事の段取りや確認を行います。

10:00 | ヒアリング

お客様との打ち合わせにより、必要な機能や仕様を明確にします。

15:00 | 休憩

仕事により疲労した頭をリフレッシュ。興味ある分野の専門誌を読んだりします。

16:00 | 進捗確認

お客様の要望を反映したものになっているか、スケジュールも含めてチェックしながら作業を進めます。

エントリーする!

Related!関連記事