エントリーする
うちグル

WORK はたらく

スピーカー、有機EL、パイオニアスピリットで活躍の場は海外へ

東北パイオニア株式会社製造業

  • 高卒
  • 大卒
  • 中途
  • マイナビ
  • リクナビ
  • 会社見学
  • インターンシップ
  • オンライン説明対応

新しい時代を担う若手社員に囲まれて微笑む渡邉社長。

調達部門のミーティング風景。真剣な中にも笑顔が溢れます。

パイオニアブランドの高級スピーカー製造は、東北パイオニアが担っています。

設計部門のミーティング。感動を与える製品づくりを目指し、様々なアイデアを形にしていきます。

パイオニアブランドの高級スピーカー製造は、東北パイオニアが担っています。

外部から納入される多種多様な資材を効率よく管理し社内へ。明るい女性スタッフが活躍しています。

社員同士コミュニケーションを取るためのテーブルやスペースが各所にあり、活発に打ち合わせが行われています。

ここが魅力
POINT
1. 斬新な発想力と無比の技術力で、パイオニアスピリットを発信し続けている。
2. 海外拠点を有し、世界をフィールドに活躍できる場がある。
3. 業務やライフスタイルに合った、多様性を認めた柔軟な働き方が可能。

FAX: 023-654-9191

〒994-8585 山形県天童市大字久野本字日光1105

主な
事業内容
スピーカー、車載用AV機器メカニズム、スピーカー用振動板、有機EL機器、開発・製造受託サービス(ODM/OEM/EMS)
設立1966年8月
代表者代表取締役 兼 社長執行役員 渡邉 光博
資本金108億円
社員数〈単独〉412名(2020年3月末時点)
初任給大学院了 234,500円、
大卒 212,500円、高卒 164,500円
休日休暇年間休日124日
土・日曜(完全週休2日制)、リフレッシュ休暇、GW・夏季休暇・年末年始休暇・慶弔休暇、他
福利厚生健康保険、厚生年金保険、雇用保険、企業年金(確定給付企業年金・確定拠出年金)、労災保険、団体保険、慶弔見舞金、災害補償金、他
インターンシップ

可能
[体験期間]1日
[申込方法]電話またはメール

大学生アルバイト

不可

採用担当者連絡先

TEL: 023-654-9105
(担当: 吉田)
MAIL: Jinji.www_tpc@post.pioneer.co.jp

東北パイオニア株式会社の事業二本柱は、世界トップシェアを誇るスピーカーを有するカーエレクトロ二クス事業と、先端技術として新たな展開が期待される有機ELと設計開発から製造を手掛けるものづくりソリューションを提供する外販統括事業。守り続けてきた技術と未来を見据えて発信する卓越した技術力で進化し続ける礎には、受け継がれてきたパイオニアスピリットがあります。
ハイエンドブランドを支える斬新な発想力と確かな技術力

 パイオニア株式会社のスピーカー製造専門工場として、1966年にスタートした東北パイオニア。
 現在は、多彩なスピーカーや車載用AV機器メカニズム等の開発・設計、生産を手掛けるカーエレクトロニクス事業と、東北パイオニア独自事業である有機ELとものづくりソリューションを提供する外販統括事業の2つを軸に事業展開をしています。
 特にカーエレクトロニクスにおけるスピーカー事業では、スピーカーづくりのプロフェッショナル集団として、世界に誇れる自社ブランド「パイオニア」「カロッツェリア」を冠する市販スピーカー、国内外の自動車メーカーに純正・DOP供給するOEMスピーカー、そして最高級スピーカー「TAD」から小型軽量スピーカー等、多種多様なスピーカーを国内外の市場に送り出しています。東北パイオニアはダイナミック型スピーカーを日本で最初に開発した会社の子会社として、その斬新な発想力と技術力は誰もが認めるところです。
 また、山形から発信する有機ELの分野においても、世界初となる有機ELディスプレイの量産に成功。明るく鮮明で広い視野角を持ち、薄くて軽く、消費電力が少ないなどの優れた特徴を活かし、ディスプレイ表示のほか光源など、幅広い分野の精密電子機器へ続々と採用が進んでいます。
 山形県の産業の核となる有機ELの事業化の拠点として大いに期待されています。

世界に誇るTADブランドの超高級スピーカーは、「匠」の認定を受けたごく限られた社員の手によって産み出されます。

リモートワークを取り入れ柔軟な働き方を可能に

 「業務やライフスタイルに応じ柔軟な働き方を可能にしてくれる会社です」と話すのは、経営企画部の菅原さん。コロナ禍において社員の安心と安全を優先しながらも、事業活動が継続できる方法として、リモートワークを導入。環境の変化に即応した新しい働き方を取り入れたり、個々の多様性を認めた、柔軟な働き方が可能となるのも東北パイオニアの魅力の一つです。

山形にいながら、活躍の場は世界に広がる

 担当部署の研修はもちろんのこと、年代ごとにテーマを変えた「キャリア開発ワークショップ」、貿易実務や会社法など業務に必要とされる「ビジネス専門スキル研修」、グローバル人材としての成長を支援する「海外トレーニー」制度を用意するなど世界のフィールドで活躍していくための研修も充実。「ものづくり=理系というイメージがありますが、文系出身者も多いです。適性にあった部署で一人ひとりが成長し、表現できる場があるのも当社の良さだと思います」と、人事室の吉田さんは話します。
 山形にいながら世界を舞台に活躍できる東北パイオニアは、「新しいことに挑戦していきたい」という意欲をカタチにする会社です。

経営企画本部
 経営企画部企画室 菅原由紀子さん(右)
経営企画本部
 経営企画部人事室 吉田実代さん(左)

TOP MESSAGE代表者からの言葉

独自の発想と技術力、そして人間力で質の高い「感動」を届ける会社です

代表取締役 兼 社長執行役員渡邉 光博さん

山形市出身。山形南高を経て國學院大卒。1982年東北パイオニア入社。タイの現地法人社長、米沢事業所有機EL事業部長、執行役員米沢事業所長、人事・総務担当、取締役カーエレ事業統括部・品質保証部担当を経て2020年1月より現職。

「お客さまの感性に訴える製品を届けるものづくり会社」それが我が社です。スペックの高さはもちろんですが、製品を手にした時のワクワク感、音楽を聴いた時の心地良さ、「こんな音が出るのか」という驚き。そうしたすべての「感動」を、より多くの人に届けたいという創業からの変わらぬ思いで、山形から世界に挑戦し続けてきました。
 私自身、当社ブランド「TAD」のスピーカーでサウンドを聴き、鳥肌が立った入社当時の記憶は今もなお消えることがありません。その時の「感動」が、私の仕事の原点です。
 時代の流れや情勢の変化の中で不変なのは、先行開発を実現する技術力の高さとパイオニアスピリット。7〜8割経済と予想されるアフターコロナの時代を見据え、新たなチャレンジを可能にするのも当社にはこうした軸があるからです。私たちは常にお客さまの期待を超える製品を提供し、求められる企業として進化し続けたいと考えています。
 カーエレクトロニクス、有機EL等の先端デバイスの両分野で開発から設計、生産までを手がける当社において、技術力を支えているのは「人間力」。社員1人1人の特長を活かして業務を実現しています。例えば、設計者の音へのこだわりと想いが詰まった、最高峰の音を追求するスピーカーを形にするのは、高度な技術を持つ「匠」と呼ばれるマイスターです。「匠」は社内にも数名しかおらず、全員女性です。彼女たちの繊細且つきめ細やかな手仕事・気配りは製品づくりに大きく貢献してくれています。
 また、当社では生産現場の主戦場として諸外国に海外拠点を有しているため、技術者または実務者として、本社で学んだ知識や経験を海外で活かしながらグローバルに活躍できる人材も育てていきたいと考えています。
 この会社で自分が何をやっていきたいのか、一人の人間としてどう育っていきたいのか。自己実現を目指す、やる気のある若者たちを応援します。

元気で明るいタイ工場のみなさん。

発展が著しいヴェトナムの工場スタッフ。

メキシコにある工場の外観。抜けるような青空が印象的。

INTERVIEW若手スタッフ紹介

「あこがれの先輩に少しでも近づきたい」と仕事への熱い想いを語ってくれた大野さん。

音で感動を届けたい!ここには、目指したいと思える目標があります

カーエレ事業統括部 スピーカー事業部OEM部 OEM商品部設計一課(入社11年目)大野 寛仁さん

「“本物”のモノがあり、“本物”の人がいて、自分もいつかたどり着きたい、目指したいと思える目標がこの会社にはあります」。車両のスピーカーの設計から製品になるまで一連の業務を担当する大野さんの表情からは、仕事への誇りと充実感が感じられます。
 地元出身ということで会社の存在は知っていたものの、就活を前に意識するようになったのは、学生時代にたまたま自分の車に付けたスピーカーが当社ブランドのカロッツェリアCシリーズだったことがきっかけ。「いい音を車の中で聴けることが生活の楽しみの一つになって。音が関わることで生活が豊かになった経験から、自分も感動を届けられるような、音楽に関わる仕事に就きたいと思うようになりました」と、大野さんは当時を振り返リます。
 入社後は設計の部署に配属。図面を引いたり、モノをつくる作業は未経験でしたが、「大学で学んだ電子回路の知識など役立つことが多くあった」そう。
 「入ってまもなく、車両メーカーに製品を提案する機会があり、最終プレゼンの場では本物を追求してつくりあげた音や、何より先輩方のプロジェクトにかけた想いに触れることができたことが、今の仕事の原動力となっています」。先輩から後輩へ受け継がれる、仕事に取り組む姿勢。「自分たちの時代は自分たちの手で切り拓いていく」という一人ひとりの熱意が東北パイオニアを支えています。

my WORK STYLE先輩の1日に密着
Q1.この会社でよかった!と思うことは?

世界に誇れるスピーカーのハイエンドブランドを持っていること。マーケティングから企画、開発、設計、生産まで一つの会社としてすべての機能を担っているところ。

Q2.仕事のやりがいはなんですか?

自分が設計・携わったものが製品となり、車両メーカーを通してエンドユーザーに届き、評価を頂けること。音を奏でた時の感動は、この仕事ならではです。

Q3.将来の夢はなんですか?

先輩方が将来に向けて蒔いた種から、今までにない花を咲かせるために、5年後、10年後を見据えた取り組みを自ら提案し、主戦力となっていきたいです。

9:00 | 設計

CADを使ってスピーカーを設計します。一つ一つの部品をデザインしたり、組み立て後の完成形のチェックも行ないます。

10:00 | 音圧レベル測定

完成したスピーカーの特性を確認します。無響室で周波数別の音圧レベルやマイク位置違いの音の変化を測定します。

13:00 | スタジオでの試聴

社内のスタジオで音楽を流しながら、音の最終確認。自分が設計したスピーカーで音楽を聴いていると、それまでの苦労も帳消しに。

15:00 | 車両実装実験

実際の車にスピーカーを取り付けての実装実験。人間の耳の模型にマイクを付け、人が聴いている状態と同じ環境を作って確認します。

エントリーする!

Related!関連記事