エントリーする

WORK はたらく

ポストコロナ時代に向けて
成長性と安定性が約束される業界で自分らしく働く

株式会社KDDIエボルバサービス業

  • 高卒
  • 専門卒
  • 短大卒
  • 大卒
  • 中途
  • マイナビ
  • 会社案内請求
  • 会社見学
  • インターンシップ
ここが魅力
POINT
1. 解放感溢れるカフェや休憩スペースが自慢のオフィス。
2. 未経験者も安心の充実した研修制度。
3. サークル活動や勉強会の支援など、新しい働き方を常に模索。

FAX: 023-688-1401

〒990-2317 山形県山形市みはらしの丘2-36

主な
事業内容
コンタクトセンター、BPOソリューション事業
設立1996年5月
代表者代表取締役 若槻 肇
資本金1億円
社員数28,000名
初任給大卒 181,000円~ 専門卒 158,500円~
休日休暇年間休日123日※2021年度実績 弔事休暇、結婚休暇、出産休暇、子の看護休暇
福利厚生雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金、KDDI健康保険組合、KDDI共済会、KDDI持株会、au携帯 社員割引、他
採用担当者連絡先

TEL: 0120-996-954
(担当: 日和佐・久留木)
MAIL: yamagata-saiyo@k-evolva.com

上山市に隣接する山形市みはらしの丘のランドマークとして存在感を放つKDDIエボルバやまがたワークプレイス。コンタクトセンターとして2014年に開所して以来、一人ひとりが自分らしく、充実感を持って働けるよう、山形において新たな働き方を発信し続けています。コンタクトセンター事業はポストコロナ時代を見据え、今後さらに必要とされる業種です。
メリハリを大切に、多様性を尊重した働き方を提案

 KDDIエボルバやまがたワークプレイス(以下:エボルバ)は、電話問い合わせ窓口のコンタクトセンター事業を中心に、チャットやAIを活用したカスタマーサービスも行っています。温和な県民性や社屋の雰囲気も相まって、和気あいあいとした中で570人の社員が勤務。休日もしっかり取得し、ワークライフバランスを確立しながら仕事ができるのも魅力です。また、SDGsにも積極的に取り組み、従業員の多様性を尊重した働き方を実践しています。

社会人一年生にも安心、段階的な研修制度

 コンタクトセンターの業務はコミュニケーション能力や情報処理能力など社会人として必須の基礎力が育まれます。仕事は、ほぼ全員が未経験からのスタート。特別なスキルや経験は必要ありません。入社後、顧客への応対業務研修が約1か月間行われ、新卒の場合は業務を通して1〜2年かけてオペレーターの基礎スキルを習得。5年後には要員の管理や品質の管理、クライアントとの折衝などの業務運営に携われるまでに。個人のスキル度合いや個性を尊重しながら、段階的に経験を積んでいけるよう配慮しています。

社員の健康と安全を守るため
徹底した感染症予防対策を実践

 業務のほとんどの時間をオフィスで過ごすことから、職場環境の整備に力を注いでいます。最優先で取り組んでいるのは感染症の予防対策。入館時の検温、手指消毒の徹底はもちろんのこと、清掃スタッフがカフェテリアを含めた全館の除菌作業を日に2回実施。発熱の恐れがある方が来社した場合は各エリアの担当者に通知され、入り口のゲートから館内に入ることはできません。除菌方法や万が一のり患後の対応まで細やかなフローを構築し、社員が不安なく安心して働ける環境づくりを行っています。設備面では1階フロア面積の3分の1を食堂などのリフレッシュスペースに充て、全長18mのテーブルが置かれたカフェテリアでは各々がランチやティータイムを楽しんでいます。

コロナ禍に強さを発揮する安定成長型の企業

 エボルバでは転勤のない山形地域限定正社員の採用を積極的に行っています。社員の9割以上が県内出身者。エリア限定でも管理職候補に挑戦することができ、キャリアアップを可能にする体制が整っています。
デジタルや非接触型のサービスが求められるコロナ禍において需要が高まり、成長性や安定性においてもさらに期待されるコレクトセンター業界。「昨日までのあたりまえを超えて未来のあたりまえをつくる」をモットーに、「あたりまえ」が目まぐるしく変化する時代において、「人×IT」の最前線にいる私たちだからこそできる新しい価値の創造に挑み続けています。

「実際に見ていただければエボルバのことが好きになり、ここで働きたいと思ってもらえるはず」と話す、山形センター長の日和佐真也さん。

グッドデザイン賞も受賞実績のある山形センター。蔵王をのぞむ立地に、夜には一面の窓から幻想的な光がこぼれます。

高性能の検温カメラで入館者はすべてチェック。運用ルールもしっかり決められており、感染予防には抜け目がありません。

徹底する館内消毒は清掃スタッフが隅から隅まで。細かいところも気にかけるその取組が、安心の職場環境をつくります。

心地よく働ける職場環境。
丁寧な研修制度で、初めての方も安心。

 山形市みはらしの丘で2014年に開所したKDDIエボルバ やまがたワークプレイス。業務内容は主にコンタクトセンターの運営で、親会社のKDDIをはじめ、一般企業や官公庁へのさまざまな問い合わせに対応をしています。
 企業として当初より大切にしていることは、「職場の雰囲気づくり」と「研修制度の充実」の2点。デスクワークが多い中でも、いつでも気軽にリフレッシュし、前向きな気持ちで業務に取り組んでいただくことを第一に考えています。
 そのため、蔵王連峰を一望できるロケーションを活かし、開放感のあるオフィスを設計。幅広いメニューを揃えるカフェテリア形式の食堂や、コミュニケーションスペースを設けるほか、サークル活動やレクリエーションも充実させ、社内での時間をストレスなく有意義に過ごせるように、環境を整えています。
 また、入社後は配属先に合わせた現場経験のある講師による研修も実施。基本的なパソコン操作や正しい敬語の使い方、ビジネスマナー、情報セキュリティに始まり、研修後半には先輩オペレーターのフォローのもと、本格的な電話応対で実践力を養います。ソフト・ハード両面から、従業員がイキイキと働ける職場環境づくりに社を挙げて取り組んでいます。

大画面シアター完備の広々としたスペースで行われる研修
カラフルなデスクチェアーと、大型ビジョンが印象的な研修スペース。入社直後の研修やミーティング、従業員のサークル活動などで使用されます。

10サークルが活動
業務後のプライベートも充実
フットサルやランニングといったスポーツ系をはじめ、ボードゲームや英会話などの文化系まで、従業員のアンケートで提案された10サークルが活動しています。

カフェテリアスタイルのおしゃれな社員食堂
低料金で食べられ、栄養面もしっかりと考えられたメニューの数々。カフェスタンドも併設。従業員のコミュニケーションの場として思い思いに過ごすことができます。

多様なコミュニケーションで地域とつながる雇用のカタチ
障がいをもつ方の活躍の場となる通称「エボルバ農園」。様々な野菜が育てられ、最寄りの産直では販売もしているそう。よりおいしい、いいものを育てるために、温度管理なども徹底しています。

INTERVIEW若手スタッフ紹介

野球に没頭していた学生の頃と変わらないモチベーションを維持しながら、仕事に邁進している大泉さん。

一人ひとりに活躍の場が用意され、
がんばりを評価してくれる環境でキャリアップを目指す。

運用2グループSV[スーパーバイザー](入社5年目)大泉 綜さん

学生時代は野球一筋。県外の大学に進み、卒業後は山形に戻って就職しようと考えていたものの、何を軸に就活したらいいのか、自分は何をしたいのかなど具体的なことがないまま県内企業の資料を見る日が続いたそう。そんな状況の中で目に留まったのがKDDIエボルバの社屋写真でした。早速、会社説明会に参加。「『エボルバは従業員がいてこその会社なので、一人ひとりが働きやすい環境をつくることを第一に考えている』『年齢に関係なくキャリアアップを目指せる』という話にとても感銘を受け、ここで挑戦してみたいと思いました」と、その時を振り返ります。「野球という道で常に目標を掲げてがんばってきた、これまでの経験を生かせるかもしれない」と感じたことも決め手の一つに。
 ほとんどの人がそうであるように、大泉さんにとっても電話対応は未経験。言葉遣いなどの基本から具体的な業務までしっかりとしたカリキュラムのもとに研修を行い、即戦力となる人財を育てていくシステムに入社当時の不安な思いはすぐに消えていきました。
 現在はデスクの運営と管理、部下の育成や業務研修を担当。「当社には、わからないことがあれば気兼ねなく上司に相談できる環境があり、そのことがキャリアアップとリンクしています」。個々の状況に合わせて活躍の場が用意され、がんばりを評価してくれる会社であることが、大泉さんの表情から感じ取ることができました。

my WORK STYLE先輩の1日に密着
Q1.この会社でよかった!と思うことは?

常に成長している実感を得られるところ。社会人になると何かに没頭する機会が少なくなりますが、当社では様々な働き方、活躍の場が用意されており、目標を持って自分のペースで確実に成長していくことができます。

Q2.仕事のやりがいはなんですか?

お客様の貴重な意見をクライアントへ伝えることがコンタクトセンターの役割です。その結果として意見が採用されたり、自分ががんばった成果に対してしっかりと評価をしてもらった時にやりがいを感じます。

Q3.将来の夢はなんですか?

今はデスク単位での運営と管理を任せてもらっていますが、将来的には会社全体の運営、管理に携わりたいと考えています。自分が運営や管理に携わる事で、KDDIエボルバを業界NO.1の会社にすることが私の目標です。

10:00 | デスクワーク

クライアントと定期的に開催している会議の資料づくりや従業員の勤務シフト作成など、業務は多岐に渡ります。

11:00 | ミーティング

クライアントに提案する企画を上司や同僚に確認。チームで協力し合える環境があり、困りごとの相談などもしやすい雰囲気です。

14:00 | 研修

従業員への研修では、初めてコンタクトセンターで働く人も多いため、わかりやすく順序立てて説明するように心がけています。

16:00 | カフェで休憩

休憩時間は一人で過ごしたり、同僚たちと他愛もない話で盛り上がったり。しっかり休憩を取った後は仕事もはかどります。


エントリーする!

Related!関連記事