エントリーする

WORK はたらく

世界的メーカーのスマートフォン搭載
カメラの基幹部品を手掛ける開発型企業

ミネベアミツミ株式会社 山形事業所製造業

  • 高卒
  • 短大卒
  • 大卒
  • 中途
  • マイナビ
  • 自社HP
  • 会社案内請求
  • 会社見学
  • インターンシップ
  • OB・OG訪問
  • オンライン説明対応

若いエンジニアの物づくりへの情熱がミネべアミツミグループの原動力となっています。

高機能スマートフォンには欠かせないOISアクチュエーターは、カメラの手振れ補正を行う山形事業所の主力製品。

サイズは小指の指先程の大きさ。これまでミツミ電機が培ってきたノウハウが結実しています。

開発や生産に必要な様々な試験や設備の組立は山形で行い、生産は海外工場で行っています。

開発や生産に必要な様々な試験や設備の組立は山形で行い、生産は海外工場で行っています。

ここが魅力
POINT
1. 山形発で世界基準のものづくりができる。
2. グローバル企業として給与体系・福利厚生が充実。
3. 2029年3月期で売上高2.5兆円・営業利益2,500億円を目指す。

FAX: 023-686-4135

〒990-2251 山形県山形市立谷川一丁目1059番5

主な
事業内容
機械加工品事業、電子機器事業、自動車部品・産業機械・住宅機器事業
設立1951年7月
代表者代表取締役会長兼社長執行役員 貝沼由久
資本金682億5,800万円
社員数87,401人(山形事業所357人)(正社員のみ・’21年3月末)
初任給学部卒・専攻科卒215,000円、修士了235,000円(’21年実績)
休日休暇年間休日121日
完全週休2日制(土日)
福利厚生各種社会保険制度、退職金制度、育児休業・介護休業制度、社員持株会、独身寮、社宅、社員食堂など

ベアリングからモーター、センサー、半導体などを手掛け、27カ国に95の製造 ・開発拠点を構えるミネベアミツミグループの「ミツミ事業本部光デバイス事業部」として、現在はスマートフォンやタブレット用のカメラの基幹部品の設計開発を行う山形事業所。創業以来、音響やパソコン関連機器など時代のニーズにそったさまざまな製品を生み出してきた、グローバルに展開する開発型企業です。
時代のニーズを追求した製品の設計開発

 家庭用オーディオの磁気ヘッドの設計開発・製造を手掛ける企業として創業し、その後はフロッピーディスクドライブや、家庭用ゲーム機など、常に大手メーカーと組み、時代の最先端の技術を追求してきた山形事業所。社員の3分の2がエンジニアで構成され、創業以来、時代を牽引する技術力を持ち続け、現在はスマートフォンなどに搭載される小型カメラ部品の設計開発を手掛け、手振れ補正やズームフォーカス技術の向上に力を入れています。「日ごろ何気なく使っているスマートフォンに当社の製品が内蔵されていることも少なくありません。実は気がつかないところで、日常生活に役立っています」と総務部の竹松紘之さんは説明します。また、ミネベアミツミグループ全体でみると、ベアリングやモーター、半導体など幅広く手がけている世界でも珍しい企業。「一つの事業が時代に即さなくなったとしても、他の事業でカバーできることが強みです」と竹松さん。

ものづくりへの情熱を育む新入社員研修

 求めている人材像について、採用担当の松田宙基さんは「より良い製品を追求する姿勢を持った『ものづくりが好きな人』、27カ国に製造拠点があり、取引先も含めて各国の方とコミュニケーションをとりながら事業を進めますので『グローバル基準で考え、行動できる人』、そしてより良いものを作るあくなき好奇心を持ち『新たな分野でイノベーションを起こす情熱を持てる人』」と話します。入社後は基本的なビジネスマナーや会社の歴史について東京本部の研修を受け、その後、山形事業所へ配属され業務と並行して研修を進めます。「新入社員には、事業所で取り扱っている製品に関連した課題が与えられ、先輩社員のサポートの元、取り組んでもらいます。製品に関する専門的な技術を心配する方もいらっしゃいますが、研修を通して学んでいく体制が整っています」。

最先端の技術力を山形から世界に展開

 「取り扱う製品は全てB to B(企業間取引)のため、普段は社名を聞くこともなく、当社をイメージしにくいと思いますので、まずは説明会や企業見学会に参加していただき、当社の社員と直接話しをしていただきたいですね」と竹松さん。山形から、世界に誇る技術を設計開発。これからも創業以来培ってきた確かな技術力で成長を続けます。

お話をお伺いした竹松紘之さんと松田宙基さん。「総合精密部品メーカー」として、人々の生活になくてはならない製品をつくることで社会に貢献しています。

清潔で広々とした社員食堂。現在は新型コロナウイルス感染防止対策としてアルコール消毒や座席間のソーシャルディスタンスを取っています。※写真は2019年11月撮影

長年蓄積された技術力を活かしつつ、新たな目標にチャレンジ。ここ山形にありながら、世界から高い評価を得ています。

エントリーする!

Related!関連記事