WORK はたらく

高級ロックミシン業界でトップシェア!
常に進化し続ける開発型企業

株式会社鈴木製作所製造業

  • 高卒
  • 専門卒
  • 短大卒
  • 大卒
  • 中途
  • マイナビ
  • 会社案内請求
  • 会社見学
  • インターンシップ

社員同士のチームワークの良さが「ものづくり」に活かされている。

製品の企画開発から完成まで、メーカーならではのものづくりができる。

ベテランも若手もそれぞれの現場でいきいきと働いている。

繊細な作業が要求される組立現場で活躍する女性社員のみなさん。

様々な工程を経て製品が産み出される。

製造工程で組み上がった製品は、品質管理にて念入りに動作確認を行う。

ここが魅力
POINT
1. 業界リーダーとしてのトップシェアを誇る実績と技術力。
2. 「メーカー」ならではのトータルな「ものづくり」ができます。
3. 働きやすくスキルアップできる環境。

FAX: 023-684-2399

〒990-0886 山形県山形市嶋南一丁目12-7

主な
事業内容
baby lock(高級ロックミシン)の開発・製造
包装機の開発・製造
設立1953年6月
代表者代表取締役社長 鈴木 重幸
資本金6,500万円
社員数120名(男87名/女33名)
初任給院卒 229,200円~、大卒 209,200円~、短大・専門・高専卒 187,600円~
休日休暇日曜、祝日、一部土曜
福利厚生雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金、退職金制度技能手当、改善提案表彰制度、定期健診、ガン補助検査、インフルエンザ予防接種、他
インターンシップ

可能
[体験期間]1日〜2日
[申込方法]電話またはメール

大学生アルバイト

不可

採用担当者連絡先

TEL: 023-684-0843
(担当: 総務部 海谷)
MAIL: kaiya@suzuki-ss.co.jp

1965年に世界ではじめて「小型オーバーロックミシン」の開発に成功した株式会社鈴木製作所。今や、世界のどの国でも同じようなものがつくれる時代に、「メイド・イン・ヤマガタ」を武器に、ミシン業界へ革命を起こし続けてきたリーディングカンパニーとは?そこには、「世界中の人々に、喜びと夢と感動を届けたい」という社員一人ひとりの思いがありました。
世界が認める、 独自のものづくり

90年前、鍛冶屋として山形市に創業。1953年に株式会社鈴木製作所と社名を変更し、現在の基盤となるオリジナルの家庭用ミシンの製造販売を始めます。常に時代が求めるモノを追及し続ける根底にあるのは創業時から変わらない「ものづくり」へのこだわり。現在は「小型オーバーロックミシン(ベビーロック)」や「ハンドステッチ縫い目の家庭用ミシン(Sasiko)」など、世界が認める独自のミシンの開発と、菓子や野菜などを包装する「横型ピロー包装機」の開発・販売の2本柱で事業の展開を行っています。

「ロックミシン」は、生地をカットした部分がほつれないように布の端を縫い止めていく縁かがりミシンのこと。世界で初めて家庭用の小型のロックミシンを開発してから、絶えず改良と新製品の開発に努めてきました。

空気の力で誰でも簡単に糸通しができる「ジェットエアスルーシステム」、ティッシュから2センチ程度まで、生地の厚さが変わっても一定してきれいに縫い上げる「オートテンション」の採用など、独創性と技術力は唯一無二。「グッドデザイン賞Gマーク」「地域未来牽引企業選定」「発明大賞」「知財功労賞」「山形エクセレントデザイン大賞」など数々の受賞歴が、企業への信頼の高さを物語っています。

働きやすい環境で スキルアップを支援

「弊社における三年間の離職率は1%、100人に1人」とのこと。社内には作業面や働き方について改善点を提案し合うグループ活動があり、社員が自主性を持って働ける体制づくりも離職率の低さに繋がっています。部署によっては積極的に技能検定の受検指導を行い、合格者に対しては技能手当が支給されるなど、社員のやる気と挑戦を支援する制度が整っている点も同社の大きな魅力です。

また、産休・育休制度を取得しやすく、女性が働きやすい職場環境を実現。「職場の理解もあって育休をいただき、1年後の育休明けもスムーズに仕事復帰ができました。女性が長く働ける会社だと思います」と話すのは、2児の母である開発部の小野麻衣子さん。「ものづくり」は「ひとづくり」。働きやすい環境で、一人ひとりがスキルアップしていけるように支援していく企業こそがリーディングカンパニーの使命なのです。

ベビーロックの第1号機。ベビーの名にふさわしい小さくて可愛いロックミシン。

テレビ番組の取材の際に、再現された木製の模型。ロックミシンの開発の原点。

国内及び世界中のディーラーやユーザーから認められ、特に欧米では手作りの文化が盛んで、安定した需要と市場がある。

製品のもう一つの柱である包装機。ユーザーが使いやすい「ものづくり」へのこだわりが、この分野でも認められている。

TOP MESSAGE代表者からの言葉

山形から世界に発信、
喜びと豊かさを届ける
「ものづくり」企業です。

代表取締役社長鈴木 重幸さん

山形市生まれ。10年前に父親の跡を継ぎ、代表取締役社長に就任。先代の思いを守りながら、3代目として新しいものづくりにチャレンジし続けている。

当社は、「他にないものを開発し、当社の製品を通してお客様に喜びと豊かさをお届けする」ことをモットーに、山形のものづくりを世界に発信してきました。これまで、業界大手メーカーに先駆けて出願した特許件数は381件。そのうち255件は27カ国における海外出願件数です。50年前に小型のオーバーロックミシンの開発に成功してから「ベビーロック」という商標のもと、家庭用ロックミシン業界をけん引してきたと自負しております。また、もう一つの柱である包装事業に関しても、コスト削減や業務の効率化、生産量アップなどお客様の要望に応えられるよう、様々な角度から包装機の開発に取り組んできました。

とは言え、私たちは「オンリーワンのものづくり企業」を目指してきたわけではありません。生き残っていくために、先代の社長がやってきたことを踏襲しながら、誰もやらないこと、やれないことを考えてつくっていこうとがんばってきた結果が「オンリーワン」という評価に繋がったと考えています。これからも技術力はもちろんですが、ユーザーのニーズを社員一人ひとりが考え、固定観念に囚われず柔軟な発想でものづくりに取り組める環境をつくっていきます。

当社ブランドの製品は日本だけでなく、ミシンはアメリカやヨーロッパに、包装機は東南アジアを中心にした諸国へ輸出しています。製品は生物(なまもの)です。時代が変わり、人々の考え方が変わり、生き方が変わる。数値化することのできないマーケットの変化を的確に把握していくことが大事であり、見方を考えれば日本の、山形のものづくりは世界市場でナンバーワンになれる伸びしろが、まだまだあります。未来をつくれる、生きがいを感じられる、そんな私たちの会社で自分の力を最大限に発揮してみませんか。

ロックミシンのメカ(内部)。

玄関ホールには「50年分のありがとう」を掲げてある。

応接室には、創り出された歴代のロックミシンがズラリと並んでいる。

INTERVIEW若手スタッフ紹介

多種多様な業務があるため覚えることも多い包装機課で、充実した毎日を送る岸田さん。

下請けではなく、開発から完成まで
自社で行うことに魅力を感じました

包装機課(入社8年目)岸田 翔平さん

高校卒業後、山形県立産業技術短期大学で学び、2011年に入社した岸田さん。現在、包装機課で機械の部品の購買業務や在庫の管理、組み立ての業務を担っています。「小さい時からものづくりの仕事に興味を持っていた」という岸田さんは、就活で初めて株式会社鈴木製作所のことを知り、会社を見学。

「機械関係の仕事に就きたかったので興味を持ちました。説明を受けた時にいちばん感銘を受けたのは、部品なども含め、大手の下請けとしてつくっているのではなく、開発から設計、組み立て、部品加工のすべてを自社で行っているところです。複数の部署に分かれていることから、様々な仕事を経験できる点も魅力でした」。後輩もできて責任のある仕事を任せられるようになった今、あらためて職場に対する思いを尋ねると、「入社してから人間関係で嫌だと思ったり、困ったりしたことがないんです(笑)仕事をするうえで注意されたとしても、それは自分の成長の糧になるわけですから」という答えが返ってきました。

担当は一人ひとり違ってもチームワークの良さが『良いモノをつくる』ことに繋がっています。社長を囲んで毎月開かれる社員の誕生会では、会社の現状について聞きながらカツ丼を食べるというエピソードも。職場環境の良さはこうした時間から生まれるのかもしれません。「先輩方にしてもらったように私も後輩たちに話しかけながら、どの業務が向いているのかを確認しつつ、少しずつ得意分野に寄せてあげるようにしています」。

my WORK STYLE先輩の1日に密着
Q1.この会社でよかった!と思うことは?

一貫した生産システムで製品を生み出す仕事の面白さがあり、資格取得を推進しているところ。また、社内がアットホームな雰囲気で人間関係が良く、仕事がしやすいところです。

Q2.仕事のやりがいはなんですか?

新機種についてのアイデアや、既存の機械の改良について提案した自分の意見が反映されているのをみたときに「少し会社に貢献できたのかな」とうれしくなり、やりがいを感じる瞬間です。

Q3.将来の夢はなんですか?

これから購買の業務の割合が多くなれば、在庫や原価のことも勉強していかなければなりません。関わっている一つ一つの業務を大切にしながら、効率よく仕事ができるようになりたいです。

8:25 | 打合せ

全体朝礼のあと、部署内で一日の業務を確認。チームワークの仕事なので、良い製品をつくるために自分の考えを伝えることも大事です。

9:00 | デスクワーク

午前中はパソコンに向かって、発注業務や在庫管理を行います。部品がひとつでも足りなければ仕事は進まないので慎重に数字を確認。

13:00 | 部品の組み立て

午後からは、部品の組み立て作業が主な仕事です。仕事中は真剣に、休憩時間は同年代の社員たちと歓談しながら過ごします。

〜17:10 | 退社

スキルアップのため、少しでもわからないことがあれば先輩たちに相談しながら、退社時間まで組み立ての仕事を行います。

Related!関連記事