エントリーする

WORK はたらく

地域に根ざし、企業と地域をサポートするITの総合商社

株式会社エム・エス・アイ情報通信業・サービス業

  • 専門卒
  • 短大卒
  • 大卒
  • 中途
  • リクナビ
  • 会社案内請求
  • 会社見学
  • インターンシップ
  • 大学生アルバイト

会議室には大型モニターを完備。会議メンバーと情報を共有できる。

全面ガラス張りの明るいオフィスは広々として清潔な空間。

海外とのWeb会議。海外のSEと連携してシステムを構築していく。

お互いの顔が見えない電話応対でも笑顔を絶やさない。

海外とのWeb会議。海外のSEと連携してシステムを構築していく。

ここが魅力
POINT
1. 地元のIT業界を牽引するリーディングカンパニー。
2. 人間力を大切にするハートフルな社風。
3. 明るく恵まれた環境で働くことができる。

FAX: 023-647-3967

〒990-2473 山形県山形市松栄1-5-7

主な
事業内容
ICT・IoT研究開発事業、業務用システムの開発、Webマーケティング及びWebデザイン、クラウドサービス事業等、他
設立1992年2月
代表者代表取締役社長 金子 昌弘
資本金2,000万円
社員数62名(男44名/女18名)
初任給大学院卒 210,000円、大卒 200,000円、短大・専門卒 185,000円
休日休暇完全週休2日制(土日)、夏季休暇 、年末年始休暇 、育児休暇制度、介護休暇制度、誕生日、結婚記念日
福利厚生雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金、退職金制度、資格取得支援制度 、各種報奨金制度、他
インターンシップ

可能
[体験期間]1日〜2日
[申込方法]電話またはメール

大学生アルバイト

可能
[採用期間]時期により変動
[申込方法]電話またはメール

採用担当者連絡先

TEL: 023-647-3966
(担当: 前盛)
MAIL: info@msi-net.co.jp

コンピュータ・情報通信ネットワーク・OA機器のシステム統合を通じて、地域社会の発展に貢献するソリューションカンパニーを目指す「株式会社エム・エス・アイ」は、山形をはじめ東北6県を拠点に業績を伸ばす、地域密着のIT企業です。どんなに高性能なコンピュータでも活かしきるのは人の知恵と情熱。「最も大切にしているのは人間力」という信念で、地元のIT業界をリードしています。
人間力を重視した超アナログ的なIT企業

「『立派な技術者である前に、まず立派な人間であれ』がモットー。超アナログ的なIT企業だと自負しています」。

開口一番こう話すのは、経営企画室室長で採用担当の前盛直人さん。コンピュータを使って情報処理や通信技術のシステムを開発し、企業や地域が抱える課題の解決をサポートする、時代の先端を走る企業だからこそ人と人とのつながりやコミュニケーション力が大切だと考えています。「システムを開発する仕事は、お客様が求めているものを的確に理解するところから始まります。AIもIOTも設計開発をするのは人間。人と人との信頼関係がなければ、ビジネスは成り立ちません」

会社のブランドは「社員力」にあり!

営業本部・カスタマサポートグループのインストラクターとして勤務する石山朋実さんも、同業他社とは一線を画した考え方に惹かれて入社した一人。「大学では言語学を学んでいましたが、英語以外のスキルを身に付けたかったことと、今後さらに可能性のある分野だと思い、IT業界に興味を持ちました。面接のときに話を聞きながら、機械的ではない雰囲気を感じました」と、当時を振り返ります。

モンゴル出身のサインバヤル ハンガイバヤルさんは2週間前に入社したばかり。「大学は京都だったので、卒業後はモンゴルに戻り、公務員になることを考えていましたが、友人の紹介で金子社長と出会い、その行動力と、『社員力が会社のブランド』という考え方に共感し入社。将来は、モンゴルで起業するのが夢」と話すサインバヤルさん。

同社では、異業種社員との交流会、日本人学生・外国人留学生を対象としたインターンシップを15年前から実施するなど、若手や中堅社員がその指導役を務め、学生や外国人との深い交流からコミュニケーションが育まれています。

コンサルティング会社の船井総研から「従業員満足度大賞」を授与された。

お客様に満足され、社員に選ばれる会社に

結束力を高め、個々の自己成長につながる社員教育も多彩です。ある時は、社長以下全員で「下町ロケット」等のDVDを観賞したり。社風や会社の価値観を理解し合いながら、同じベクトルに向かって突き進んでいます。お客様に満足され、社員に選ばれる会社作りを目指すチーム「エム・エス・アイ」は、人間味あふれるIT企業です。

モンゴルから縁あって山形へ。早く山形の生活に慣れたいと言うサインバヤル ハンガイバヤルさん。

明るいオフィスには明るい社員がよく似合う。

将来性からIT業界を選んだ石山朋実さん。

TOP MESSAGE代表者からの言葉

企業の抱える問題を解決する、人間力を重視したIT企業です。

代表取締役社長金子 昌弘さん

昭和26年、高畠町生まれ。高校卒業後、(株)東芝に入社し、二年半勤めたのち改めて大学進学を決意、入学を果たす。大学卒業後Uターンし、自動車販売会社、通信会社を経て40歳で独立、株式会社エム・エス・アイを立ち上げる。

「東京一極集中型で技術革新のスピードが非常に速い」この業界で、地元に根ざしながら勝ち残ってきた理由に、他のIT企業とは一線を画したポリシーがあります。その一つは親会社やメーカーを持たない完全独立系を第一に考え、「下請けをせず、人とのつながりの中でクライアントの顔が見える経営を行っている」ことです。狭い山形“市場”の中では必要としてくれる企業があれば行政、流通、建設と、各業種に特化することなくどこへでも出向きます。常に、自分達の力で全部切り開いていかなければならないという緊張感と仕事のおもしろさを感じています。もう一つは「みんなで事を成す」こと。ドライな考え方が多いITの世界の中で、真逆とも言える“ウエット“な人と人とのつながりを大切にしています。IT企業であっても人間関係を構築したうえで、協調性や連帯感を大切にした働き方を貫き、立派な技術者である前に社会人として企業人としての人間力を高めていくことが大事だと考えるからです。

私が特に大切にしているのは「人の先頭に立って模範を示していく」と「当たり前のことを、人には真似できないほど一生懸命やる」という2点。お客様に満足していただき、社員が豊かで幸せな生活を送れる会社をつくり、地域社会に必要とされる会社になる。目指すは、「小さくともキラリと光る」山形のソリューションカンパニーです。コンピュータ、情報通信ネットワーク、OA機器のシステム統合を通じて企業の抱える問題を解決しながら、地域社会の発展にも貢献していきたいと考えています。

現状維持は衰退と同じことです。留まることなく、常に成長発展を続けていく当社で一緒に成長していきませんか?

2017年2月に開催された家族感謝会のスナップ

ブランディングの一環により優秀な社員を表彰するアワードセレモニーを開催。

休憩スペースにはキッチンや冷蔵庫、自販機があり、自由に活用できる。

INTERVIEW若手スタッフ紹介

大好きな山形のみなさんのお手伝いができてとても嬉しいと語る東北芸術工科大学出身の佐藤さん。

お客様の経営に直結する仕事なので常に責任とやりがいを感じています

クラウドソリューション営業部(入社4年目)佐藤 花織さん

高校卒業後、東北芸術工科大学で建築環境デザインを学んだ佐藤さん。学んできたことを生かせる仕事を志望していたかと思いきや「業種関係なく、営業職を希望していました。両親が傍にいるので、結婚しても、子育てしながらも長く勤められると思い、地元の会社を探しました。」と、佐藤さんは話します。

現在担当しているのは、営業とグーグルなどのメールサービスを活用したクラウドのサービスの企画提案。ソフトウェアを駆使しながら、クライアントに最適なクラウド環境のシステム作りを提案し、企業の業務改善や売上向上のためのコンサルティングや導入後のサポートを行っています。「担当するお客様の業種や規模もそれぞれなので、その会社に合った的確な提案をしていかなければなりません。経営の本質につながる仕事なので、困ったときには上司に相談してアドバイスをもらいながら日々勉強しています。難しいことも多い仕事ですが、様々な業界の話や経営者の思いなどをお聞きできることが楽しいです」。地元企業のお客様の手助けをしたい、一緒に頑張りたいという佐藤さんの思いは、仕事を通して自分の生まれ育った町を元気にすることにもつながります。

一人で仕事をこなすイメージのあるIT業界ですが、業務の効率化を図るためにはチームワークが大切。「野球やテニス、スノボーなどのスポーツ系と文化系をあわせて14のクラブがあり、社員同士仲良しなんですよ」。

my WORK STYLE先輩の1日に密着
Q1.この会社でよかった!と思うことは?

時間外勤務の削減やテレワークの実現など柔軟な働き方を実践しているので、結婚して環境が変わっても安心して働ける会社だということを実感しています。

Q2.仕事のやりがいはなんですか?

お客様の業務の改善や売上の向上について関わる仕事なので、信頼していただくことが基本。サポートしながら信頼関係を築いていく楽しさと成果を認められた時の達成感がやりがいです。

Q3.将来の夢はなんですか?

まだまだ覚えることがたくさんあるので、会社の制度を活用して仕事と家庭を両立しながらキャリアアップを図っていきたいです。

8:50 | デスクワーク

ラジオ体操と朝礼を終え、お客様からのメールのチェックやスケジュールの確認から、一日の仕事がスタートします。

11:00 | 電話フォロー

お客様から、困っていることや課題をヒアリング。迅速なフォローが信頼度アップにつながります。

15:00 | 休憩タイム

社員食堂で、同僚とティーブレイク。何気ない会話を楽しみながらホッとするひととき。

17:00 | 上司との打ち合わせ

外回りから戻り、進捗状況を上司に報告。次の日の仕事の準備をしてから退社します。

エントリーする!

Related!関連記事