うちグル

GOURMET たべる

町の人たちの心に刻まれる
懐かしきパンの味わい

パリドール・サノ パリドール・サノ

掲載号:ZERO☆23 2019月2月27日号

丸久製パンは、4世代にわたって食べられている家庭もあります。「小麦の味を楽しめる食パンが自慢。自分も体が動くうちは、食パンだけでもつくり続けていきたい」と佐野さん。

テーブル席二つとカウンターのカフェスペース。コーヒーは300円で、紅茶やジュースもあり。トーストは100円〜と手頃な価格設定です。チーズトースト(150円)もあります。

ダリアパン 151円
パンの中には小倉あん、外側をジャムなどでトッピングし、ダリアに見立てました。川西町を離れた息子や娘に送るという方もいるそう。

町の交差点に佇む、カフェも併設されたパン屋さん。トーストを食べる高校生や、おしゃべりを楽しむ近所の方の憩いの場です。ここは昭和20年代に創業した同町内の丸久製パンが営むお店。丸久製パンはここでの販売のほか、町内の病院や高校の売店、小中学校や幼稚園の給食などに使われ、町の人たちに長く親しまれています。
丸久製パンの2代目社長の佐野元さんは、東京のパン屋「パリドール」で修行した後、昭和51年にパリドール・サノをオープンしました。「川西町は米どころだから、パンの文化っていうのがあまりなかった。町内にもパン屋はうちくらい。『パンはおいしい食べ物』って印象にしないといけないし、修行してきた店の看板に泥を塗るわけにもいかないから、内容も材料も吟味してやってきたね」と佐野さんは振り返ります。
現在、取り扱うのは50種類ほど。看板商品のダリアパンは、「川西ダリヤ園」のオープンに合わせてつくられたもので、昭和35年からのロングセラーです。店舗には、お昼過ぎ頃から商品が充実しますので、いろいろなパンをチェックしたい方は、午後からの来店がおすすめです。

住所〒999-0121 東置賜郡川西町上小松3495
電話番号0238426636
営業時間10:00〜19:00
定休日日曜
駐車場

最新の情報とは異なる場合がありますので、ご確認の上、お出かけ下さい。

Related!関連記事