うちグル

GOURMET たべる

やまがたの町中華 No.10

中国料理 桃華楼

掲載号:ZERO☆23 2020年4月27日号

30年以上、父子で厨房を守る 、大学病院近くの町中華

 初代の落合明さんは栃木県出身。東京の中華料理店で働いていましたが、同僚に誘われて山形市役所向かいにオープンする産業ビルのレストランに勤めることになり、山形にやってきました。「1966(昭和41)年11月に夜行列車で来たことを覚えています。翌年3月にレストランがオープンし、そこで10年以上働きました」と当時を振り返ります。その後、1982(昭和57)年4月に現在の場所に店を構えました。「偶然、うちの五目焼きそばを食べたお客さまに『産業ビルの味だ』と気が付いていただいたこともありました。その方は今でも食べに来てくれます」と明さんは笑って話します。
 桃華楼で提供される料理は、具材がギュッと詰まった全長約10センチの餃子や春巻きなどの点心をはじめ、インパクトのある大きさのものも多々。また、豚角煮はスープで煮た後、揚げて焦げ目をつけ、せいろで蒸すなど、手間をかけて調理しているものばかりです。明さんとともに、20代の頃から30年以上厨房に立ち続ける、息子の明博さんは「本格的な中華料理は自宅でつくるのが難しいものが多いです。食べごたえがあり、満足してもらえるよう心がけています」と話します。
 地元客はもちろん、山形大学病院のすぐそばという立地から、医師や看護師、医学生らにも長年親しまれてきました。また、お店で接客を担当するアルバイトも歴代、山形大学の学生が勤めているそう。学生のアイデアを取り入れた汁なしの「まぜまぜ担々麺」や、インスタグラム、ツイッターといったSNSの開設など、アルバイトの提案が採用されることもあるのだとか。店員同士も親戚のようにアットホームで、それがお店の明るい雰囲気にも繋がっているようです。若い感性も取り入れながら、これからもお店の味を守り続けます。

たけのこやピーマンなどのさまざまな食材が入った、鶏肉とカッシュナッツの四川風炒め(小780円・中1,450円)※写真は中 ボリューミーな豚角煮ごはん(1,030円)
具がたっぷりのはるまき(3本540円)  
店を切り盛りする落合さん親子。  
 
中国料理 桃華楼
(チュウゴクリョウリ トウカロウ)
住/山形市飯田西4-4-17
電/023-641-0134
営/11:00〜21:30(L.O.21:00)
休/火曜
駐/有

テイクアウトOK
※ラーメンやスープ類は除く


最新の情報とは異なる場合がありますので、ご確認の上、お出かけ下さい。

TOPICSトピックス

RANKING!人気記事

つづきを読む
自宅で北海道が楽しめるテイクアウト注文スタート!

北海道レストラン 別邸 嶋北店

つづきを読む
蔵オビハチで人気のランチ膳やカレーのテイクアウトはじめました

蔵オビハチ「灯蔵」

つづきを読む
職場で・ご自宅で、パレスの美味しいお料理を!

パレスグランデール

つづきを読む
ステーキ弁当をはじめました! お肉でパワーをつけましょう!

ワイルドグリル

つづきを読む
会社&自宅ランチで楽しめるテイクアウトをご用意させて頂いてお…

伊・食・旬 Igatta

Related!関連記事