LIFE くらす

KUSHI FILE

寒河江の焼きとりって、鶏肉じゃないの?

掲載号:ヨミウリウェイ 2017年9月号 vol.214

焼きとりといえば使われているのは鶏肉。
しかし寒河江、西村山で「焼きとり」といえば豚肉なんです。
発祥の店さらやと、テイクアウトを可能にしたけやきに話を伺いました。

焼鳥さらや

さらやの親父さんの話

昭和30年に初代が店を構えました。当時は全国的に食用鶏の肥育が進んでおらず、豚をつかった焼きとり(焼きトン)が主流。タン、カシラ、レバー、サガリなどが定番です。ブロイラーが流通するようになり、鶏肉の焼きとりも増えましたが、今でも北海道や九州などに焼きトンがあります。寒河江では市内13店舗で「寒河江やきとり会」を立ち上げています。

上手にやると豚肉はいろんな味が出てくるんだよね。

叔父の後を継いだのが30歳のとき。それから40年以上経ちました。店も建て替えたいんだけど、このままがいいといわれている。隣りに宴会場を建てたとき、「これから肉が小さくなる」ってみんないうから、あえて大きくしたら、それから元にもどせないんだよね(笑)。肉を焼くには炭火を使い、空気穴を開閉し、団扇であおいで火加減を調整します。常連さんとの世間話が何より楽しいね。

焼鳥さらや
寒河江市南町2-2-31
TEL 0237-84-2659
17:00〜深夜 無休
駐車場有※鶏肉の焼きとりもあります
腹肉(さがり)130円、レバー130円、白もつ130円
ぶた足を食べて、やきとりを待つのが、常連さんたちのスタイル。

やきとりけやき

持ち帰り、誰もやらないならおれがやろうと。

味はタレと塩があり、タレはもちろん、修行先の親方から分けていただいたもの。焼いてタレにつけ、もう一度焼いてタレにつけた、しっかりした味がおすすめです。肉をさばいて、串に刺しての仕込み作業に手間かかかるから、持ち帰りをやりたがる人は少ない。寒河江で誰もやらないなら、自分がやろうと、弟といっしょにテイクアウトもはじめました。どうぞよろしく!

やきとりけやき
寒河江市大字寒河江字鶴田20-1 0237-84-5787
持ち帰り専用番号090-2981-8100
17:00〜22:30(L.O.22:00) 持ち帰り16:00〜
月曜定休 駐車場有
※鶏肉の焼きとりもあります

最新の情報とは異なる場合がありますので、ご確認の上、お出かけ下さい。

RANKING!人気記事

つづきを読む
食材にこだわる素敵なケーキ店が天童にオープン!

山°

つづきを読む
山形市青柳に男前なカフェ&ダイナーがOPEN

countrymarket

つづきを読む
ラーメン大好きなご主人がたどり着いた自慢の一杯!

中華そば屋 あっちゃんまっちゃん

つづきを読む
「もっと気軽にピザを楽しんでもらいたい」
で…

お持ち帰り専門店ピザカルボ

つづきを読む
ランチプレート&カフェパンがデビューしたよ

& mark cafe

EVENTイベント情報

NEW
つづきを読む
山響ユアタウンコンサート2019米沢公演

2019年8月21日

NEW
つづきを読む
みかわまち納涼祭

2019年8月24日

NEW
つづきを読む
あかり絵 第14話 メッセージ~私たちの未来へ~

2019年8月24日

Related!関連記事