うちグル

SPECIAL 特集

ボンボンショコラ発祥の地ベルギーで学んだチョコレートのおいしさを届けたい

CHOCOLATE STORY

掲載号:ヨミウリウェイ 2020年1月10日号

世界的なチョコレートブランドを誕生させたベルギー。
kotonowaの森谷さんにベルギーの文化やチョコレートについて伺いました。

チョコレートの本場ベルギー

 関東地方の洋菓子店ではたらいていた頃に、縁あってベルギーへ渡りました。2007年から2009年までの2年間、チョコレートに向き合った経験がパティシエとしての大きな糧になっています。

ベルギー北部のアントワープにはチョコレート型を扱う有名店があると聞いて、買いに行きました。

休日に出かけた首都ブリュッセル。大広場のグランプラスが印象的でした。

 ベルギーの菓子職人はケーキはもちろん、チョコレートやパンまであらゆるスイーツをつくります。ボンボンショコラは、中にフィリング(詰め物)が入ったひと口サイズのチョコの総称。製法は大きく分けて「ベルギー式」「フランス式」があって、フランス式は、中身をチョコレートでコーティングする方法。対して、ベルギー式はモールドと呼ばれる「型」にチョコレートを流し、固まってからセンターを詰めてチョコレートでフタをするつくり方。ベルギー式のほうが歴史が古く、形もさまざまで見た目もカラフルなものが多いようです。

 地元の人たちは商店街でパンを買う感覚でチョコレートを買い求める生活が浸透しています。バレンタインの時期に限らず、山形の皆さんにも日常的にチョコレートに親しんでいただけるとうれしいですね。

kotonowaではハート、丸型など数種類のチョコレート型を使い分け、新鮮なチョコレートと温度管理でボンボンショコラをつくっています。 DUCOBUがつくったチョコとラズベリージュレのクリスマスケーキ。
BELGIUM CHOCOLATE

ドゥミショコラ ギモーヴ¥160〈税抜〉

ふわふわの食感でメレンゲ不使用でつくるのが、マシュマロとの違い。半分をチョコでコーティングしてあり、コーヒーのお供におすすめ。

ボンボンショコラ8個入り ¥1,880〈税抜〉

多彩なフレーバーと宝石のようなビジュアルで、ひと粒200円から購入可能。バレンタインシーズンは売り切れ必至のため、早めの予約がベター。

ベルジュ¥430〈税抜〉

ミルクとスイートの2層のチョコムースを表面につやのあるチョコレートをかけて仕上げました。くるみのヌガーが風味のアクセント。

教えてくれた人

パティシエ 森谷禎輝さん

 

山形市出身。関東、ベルギーでの経験を経て3年前にkotonowaをオープン。季節のスイーツはもちろん、ひと粒ずつ手づくりしているボンボンショコラが看板商品。

kotonowa コトノワ

住:山形市旅篭町3-3-41  
電:023-609-9344
営:10:00~19:00
休:火曜、月1回水曜、臨時休業あり 
駐:有

 


最新の情報とは異なる場合がありますので、ご確認の上、お出かけ下さい。

TOPICSトピックス

RANKING!人気記事

つづきを読む
YAMAGATA パンマルシェ2019 イベントレポート☆

#ヨミウリウェイ #mamaid #ZERO☆23 #レポート #パン #ベーグル #山形市

つづきを読む
自宅で北海道が楽しめるテイクアウト注文スタート!

北海道レストラン 別邸 嶋北店

つづきを読む
蔵オビハチで人気のランチ膳やカレーのテイクアウトはじめました

蔵オビハチ「灯蔵」

つづきを読む
職場で・ご自宅で、パレスの美味しいお料理を!

パレスグランデール

つづきを読む
ステーキ弁当をはじめました! お肉でパワーをつけましょう!

ワイルドグリル

Related!関連記事