SPECIAL 特集

【2022年最新版】山形のおすすめグランピング&キャンプ場14選‼︎ 〜5月オープンの新施設もご紹介〜

コロナ禍のいま注目を集めているアウトドア。なかでも、初心者でも気軽にできるとここ数年話題となっているのが『グランピング』です。そこで今回は、いま注目すべき山形のグランピング 施設を2ヶ所ご紹介します。2022年5月、蔵王温泉街に新規オープンした施設も登場!おすすめポイントをまとめてご紹介します。

加えて、山形県のキャンプ場も12か所まとめてご紹介。「本格的なキャンプを楽しみたい」という方も必見です。今年の夏は山形の大自然を存分に楽しみましょう!

目次

1. 【山形市】蔵王温泉 松金屋アネックス

2. 【村山市】yamagata glam

3. 【天童市】天童高原

4. 【大江町】大山自然公園キャンプ場

5. 【西川町】月山・弓張平オートキャンプ場

6. 【最上町】サンビレッジ徳良湖オートキャンプ場

7. 【鮭川村】鮭川村エコパーク

8. 【尾花沢市】わくわくファーム前森高原オートキャンプ場

9. 【白鷹町】白鷹町ふるさと森林公園キャンプ場

10. 【小国町】白い森オートキャンプ場

11. 【飯豊町】白川ダム湖畔オートキャンプ場

12. 【鶴岡市】羽黒山キャンプ場

13. 【鶴岡市】月山あさひサンクチュアパーク

14. 【遊佐町】西浜コテージ村・キャンプ場

今話題のグランピング施設2選!

グランピングとは?

グランピングとは、魅力的なという意味の『glamorous(グラマラス)』と『camping(キャンピング)』を掛け合わせた言葉です。自分でテントを建てる必要も、キャンプ道具や食事を準備する手間もなし!初心者でも気軽にキャンプ気分を味わえちゃうのがグランピングの魅力です。

 

1. 蔵王温泉 松金屋アネックス

2022年5月 蔵王温泉街に新規オープン!

全国でも随一の強酸性の硫黄泉を誇る蔵王温泉。なかでも人気の宿「松金屋アネックス」の屋上にグランピングができるドームテントが今年5月に2室新登場しました!温泉とグランピングを一度に楽しめちゃう全国でも珍しい施設です。標高約820mに位置しているので、蔵王の四季折々の景色を360度贅沢に一望できます。ゆったりくつろげる非日常の空間は、カップル、ファミリー利用におすすめです。

POINT1  極上の景色を愉しめる非日常空間

ドームテントは2室あり、それぞれ東向きと西向きのお部屋は、それぞれに趣があります。東向きのお部屋『朝陽』では、蔵王山頂からの朝日を独り占めできちゃいます!また、夜は蔵王の夜景を一望できますよ。西向きのお部屋『夕陽』では、飯豊連峰に沈んでいく夕日を眺めることができます。室内からの景色も抜群で、まるで雲の上に浮いているかのような気分になれます♪

POINT 2  贅沢な源泉100%かけ流し温泉

なんと言っても、グランピングをしながら温泉も楽しめるのが最大の魅力。全国でも随一の強酸性の硫黄泉を誇る蔵王温泉。その中でも、「松金屋アネックス」では、100%掛け流しの天然濁り湯と弱アルカリミネラル人口泉の2種類の泉質が楽しめます。蔵王山頂からの景色が一望できる眺望風呂は必見です。

POINT 3 豪華なお食事付き
【チョコフォンデュ付きファミリー会席~しゃぶしゃぶコース~】山形牛・三元豚・海鮮(カニ・ホタテなど)

口コミ評価の高い鉄板焼きコースは、山形牛・三元豚・海鮮(かに・ホタテ・鯛など)の贅沢三昧のラインナップ!夕食つきのプランを選べば、お食事会場にてゆっくりくつろいで楽しめるのも嬉しいポイント。

蔵王温泉 松金屋アネックス
住/山形市蔵王温泉1267-16
営/IN 15:00〜19:00   OUT 10:00まで
電/023-694-9706
料金/59,300円〜(1泊2食付き)※シーズンにより料金の変動あり
駐/有(無料)
HP/https://www.jalan.net

★やまがた春旅★東北6県・北海道・新潟県民限定「屋上グランピングプラン【鉄板焼きファミリー会席】
(※期間限定のお得なキャンペーンです)

https://www.jalan.net/uw/uwp3200/uww3201init.do?yadNo=335940&planCd=03456017&roomTypeCd=0509711

2. yamagata glam(村山市)

山形初のグランピング施設「yamagata glam」

「 yamagata glam 」では、キャンプを楽しみながら無料でアクティビティ体験をできるのが魅力。ファミリー層を中心に、オープン以来、予約が殺到しています。テントを張る準備や料理の下ごしらえも必要ないので、通常のキャンプよりお手軽にアウトドアが楽しめるのも人気の秘密です。食事は主に地元の食材が使われており、村山市内の人気店とコラボしたメニューもあります。非日常的な癒し空間をぜひ体験してみてください。

POINT 1 無料で楽しめるアクティビティ

宿泊料金の中にはアクティビティ体験料も含まれているので、どれも無料で楽しめるのが嬉しいポイント。「最上川三難所舟下り」「そば打ち」「焚き火体験」のほか、隣接する温泉施設「クアハウス基点」の本格露天風呂、SPAプールも無料で利用できます。

POINT 2  かわいいドームテント

yamagata glamのテントは、山形の山の名前を元にネーミングされています。名前をイメージした内装にもこだわりが!一番人気は、熊野山モチーフの「bear」のお部屋。お部屋の中には大きな大きなクマのぬいぐるみが!

他にも、月山モチーフの「moon」のお部屋には、ところどころに月の照明やクッションなどがかわいい癒し空間。また、鳥海山モチーフの「bird」のお部屋は、ブルーを基調とした爽やかなお部屋になっています。

POINT 3  充実のディナー&モーニング

1泊2食付きのプランなので、準備も楽ちん!BBQセットも用具から材料まで全て準備されているので、気軽にBBQを楽しめます。ピザ釜を使って焼き上げた本格的なピザや舟形のマッシュルームを使ったアヒージョなど、女子会やファミリーで盛り上がること間違いなしのメニューです!

また、朝食ではホットサンドやベーコンエッグなど、自分たちで軽い調理や盛り付けをすることもあるので、朝からわいわい楽しめます♪

yamagata glam
住/村山市基点999-19
営/IN 15:00~18:00   OUT 10:00まで
料金/テント1基1泊44,000円~+食事料金(夕食朝食)5,720円×人数※シーズンにより料金の変動あり
駐/有
HP/https://yamagata-glam.com

 

山形のキャンプ場12選!

村山、最上、置賜、庄内の4つのエリアごとに3ヶ所ずつご紹介いたします!

村山エリア

3. 天童高原キャンプ場(天童市)

冬はスキー場として人気な天童高原。暖かくなってきて雪解けも進み、GWと同時にキャンプ場もオープン。キャンプサイトのほかに、常設テントやドームテント、ログハウス風のバンガローなどを揃えたキャンプ場なので、テントを持っていないという初心者さんでも安心してお楽しみいただけます。また、遊び場の広場には大型遊具、わんぱくの森にはハンモックやロープ渡りなどもあります。また、天童高原にはポニーもいるので、小さいお子さんのいるファミリーにはとても嬉しいポイントですよね。

天童高原ファミリーランドでは、BBQ用のコンロも準備してあるため、食材だけを持ち込めば、気軽にBBQが楽しめます!(詳細はHPをご覧ください)また、キャンプ場がオープンしている間は、ピザ焼き体験もできるので、気になる方はぜひ体験してみてください♪

天童高原
住/天童市田麦野1321
営/4/29~10/31   11:00~翌10:00(受付16:30まで)
予約/窓口および電話
料金/区画サイト410円~、常設テント3,050円(サイト料別)、ほか
レンタル/ドームテント、流しそうめんキット、ピザ窯など
オートサイト・フリーサイト・コテージ/無
ペット/可
電/023-657-3628
HP/http://tendokogen.or.jp/camp2016/

 

4. 大山自然公園キャンプ場(大江町)

サニタリーハウス(シャワー・トイレ)付きのキャンプ場で、テントサイト1区画あたり600円とお得に泊まれるのがプロキャンパー達にとっては嬉しいポイント。コテージも6棟あるので、人数やお値段をみて、自分達に合ったコテージを選んでみてください。また、園内には、朝日連峰、月山、葉山、蔵王を一望できる贅沢な展望塔もあるので、ぜひ訪れた際には展望塔にも行って見るといいかもしれません。5月下旬から6月中旬にかけて、とても希少な植物ヒメユリグサの群生が見頃を迎えます。この時期にしか楽しめない景色なので、時期を狙っていくのもおすすめです。

大山自然公園キャンプ場
住/西村山郡大江町小見820
営/4/1~11/30   13:00~翌12:00
料金/テント(タープ)1張 1泊600円, 水使用量 1人100円
レンタル・オートサイト
/無
フリーサイト・コテージ/有
ペット/可(リード使用)
電/0237-62-5421
HP/http://oeterume4126.web.fc2.com/ooyamapark.html

 

5. 月山弓張平オートキャンプ場(西川町)

月山山麓にあるオートキャンプ場。キャンプ地区には、オートサイト50区画・フリーサイト67区画・コテージ5棟が整備されています。まt、キャンプ場の核となるセンターハウスには、利用申込の受付所、総合案内所、ラウンジがあり、また、2棟のサテライトハウスには、利用者が快適にキャンプ場を利用できる炊事場、シャワー室、洗面所及びコインランドリー・自動販売機等が完備されております。充実した設備で快適にキャンピングライフを楽しめます。ロケーションの違う2つのオートサイトと広いテントサイトがあり、丸太づくりのコテージも人気。ご予約は電話予約(9:00~16:00)or 24時間対応のネット予約でどうぞ。

月山弓張平オートキャンプ場
住/西村山郡西川町志津172-3
営/6/1~10/30 9:00~17:00(売店は20:00まで)
料金/オートサイト4,000円、テントサイト(区画あり)3,000円、コテージ10,000円
レンタル/テント、タープ、BBQコンロ、など
オートサイト・フリーサイト・コテージ/
ペット/可(ノーリード禁止)
電/0237-75-2003
HP/http://yumiharidaira.net/camp

 

最上エリア

6. サンビレッジ徳良湖オートキャンプ場(尾花沢市)

徳良湖の自然と、充実した設備が魅力の大型キャンプ場。近隣には、グラウンドゴルフやテニス、サイクリングなどができる施設も充実しています。すぐ近くには徳良湖温泉「花笠の湯」もあるので、たくさん遊んだあとには温泉でのんびりするのもいいかもしれません。キャンプ場内のトイレやサニタリー棟などの共用設備も整っていて、初心者にもやさしい場内設計です。管理棟には「goose cafe」もあり、窓側の席からは徳良湖の景色を眺めながら、美味しいコーヒーとスイーツを楽しめます。徳良湖キャンプ場を利用する際には、絶対に訪れたくなる素敵なカフェです。

サンビレッジ徳良湖オートキャンプ場
住/尾花沢市二等袋1401-6
営/4/20~11/23 8:30~17:00(17:00以降はネット予約)
料金/大型サイト平日3,470円、キャビンハウス平日12,570円、ほか
レンタル/自転車、BBQコンロ、ほか
フリーサイト・コテージ/有
ペット/可(リード使用)
電/0237-23-1111
HP/https://goshozan.net/auto-camp/

 

7. 鮭川村エコパーク(鮭川村)

コテージ・キャンプ場やアスレチック遊具などがある滞在型自然公園。オートサイトが22区画あり、専用のサニタリー棟には、コインランドリー・シャワー・トイレを完備しています。キャンプ以外にも、エコパークならではの自然を活かした体験メニューが豊富です。石窯ピザ焼き体験やバウムクーヘンを焼く体験もできます。森の木の実を使って自由に作品を作れる、木の実クラフトも楽しめます。お子様には嬉しいコンテンツも沢山あるので、ファミリーにぜひともおすすめしたいキャンプ場です。

鮭川村エコパーク
住/最上郡鮭川村木の子の森
営/4/23~10/31 8:30~17:30 ※コテージは通年
休/火曜(GW、7月第4月曜~8月最終月曜は無休)
料金/オート宿泊14:00~翌11:00 4,800円(電源使用の場合6,000円)
レンタル/テント、タープ、ほか
フリーサイト/有※車の乗り入れ不可
ペット/キャンプ場は可、コテージは不可
電/0233-55-4455
HP/https://www.yamagata-ecopark.com

 

8. わくわくファーム前森高原オートキャンプ場(最上町)

全てオートサイト*です。フリー&電源付きサイト・バンガロー・トレーラーハウスあり。乗馬体験が楽しめるキャンプ場は、子どもは750円、大人は1,500円で楽しめるのも、この高原ならでは。オリジナルのウインナーやベーコン、デザートにはミルクベースから手作りしたアイスクリームが食べられるのも嬉しいポイント。

ウインナー作りの宿泊者限定体験や、エンジンゴーカート、エンジンバギー体験はお子さんには嬉しい体験も沢山用意してあるので、キャンプ場と合わせて利用してみるのもいいかもしれません。ご予約は電話 or ネットにて。詳しくはウェブサイトからご覧ください。

*オートサイトとは:サイト内に車ごと乗り入れられるキャンプ場のこと。テントに隣接して車を停められるので、荷物の運搬がとても楽。

わくわくファーム前森高原オートキャンプ場
住/最上郡最上町向町2135
営/2/1~(IN13:00 ~17:30、OUT8:30~11:00)
料金/入場料400円(3才以下無料)、区画オートサイト電源付き3,500円~、ほか
レンタル/BBQガス台 1台2時間 4名様まで2500円
コテージ/有
ペット/可
電/0120-443-522
HP/http://maemori.jp
Instagram/https://www.instagram.com/maemorikougen_official/

 

置賜エリア

9. 白鷹町ふるさと森林公園キャンプ場(白鷹町)

ふるさと森林公園内にあるキャンプ場。施設内にはテニスコート、パークゴルフ場、ゴルフ練習場もあり、1日中楽しめます。また、アスレチック施設もあり、中でも全長160mのローラー滑り台は他の施設にはない魅力。木々の中を通り抜けていく滑り台は爽快です!公園内には温泉施設「鷹野湯温泉」があり、300円で日帰り入浴可能です。たっぷり遊んだあとは、温泉で心も体も癒されましょう。

白鷹町ふるさと森林公園
住/西置賜郡白鷹町大字十王5687−8
営/4/22~ IN11:00 OUT10:00
料金/(1泊)1サイト500円、(施設管理費)大人300円、子供150円
レンタル/かまど500円(炭は各自用意)
オートサイト・フリーサイト・コテージ/無
ペット/不可
電/0120-281-004(パレス松風)
HP/https://www.shirataka.or.jp/t_campingguide.html

 

10. 白い森オートキャンプ場(小国町)

朝日連峰に抱かれた荒川の源流域にあるキャンプサイト。すぐそばには荒川が流れているので、川遊びや魚釣りが楽しめます。また、朝日連峰の麓にあるので、ハイキングや森の散策などアウトドアライフを満喫できます。対岸には、日帰り入浴や昼の食堂利用ができる宿泊交流施設「りふれ」や「白い森大工館」もあります。白い森大工館では、事前予約しておけば木工体験もできます。

最新情報はFacebookでも更新しているので、ぜひこちらからチェックしてみて下さい

白い森オートキャンプ場
住/西置賜郡小国町五味沢511-8
営/4/29~(宿泊)IN 13:00~17:00 OUT11:00、(日帰り)9:00~16:00
料金/電源無しサイト4,400円、電源ありサイト5,500円、ほか
レンタル/無
オートサイト・フリーサイト・コテージ/無
ペット/可(リード使用、糞の始末をすること)
電/0238-67-2778
HP/http://www.siroimori.co.jp/auto-camp/

 

11. 白川ダム湖畔オートキャンプ場(飯豊町)

雄大な飯豊山の自然に囲まれ、白川ダムの湖畔に面した自然豊かな環境でキャンプを楽しむことができます。オートサイト・フリーサイトに分かれており、オートでは車を乗り入れることができ、荷物の搬入が楽なのも嬉しいポイント。近くには源流の森があり、そこでは木工クラフトや陶芸など家族そろって楽しめるコンテンツもあります。白川温泉もすぐ近くにあり、雄大な自然を眺めながら温泉を楽しむことができます。

また、春先には湖で水没林と呼ばれる現象が起き、幻想的な世界が広がります!今年の水没林でのカヌー体験は5月21日で終了となってしまいましたが、6月以降は場所を変えて白川湖でのカヌー・SUP体験も開催されるようです。詳細は、いいでカヌークラブのHPをご覧ください。

白川ダム湖畔オートキャンプ場
住/西置賜郡飯豊町数馬218-1
営/4/25~12/1 13:00~翌11:00(日帰り9:00~16:00)
料金/(オートサイト電源有)2,570円、(電源無)2,050円、ほか
レンタル/無
コテージ/有
ペット/可(リード使用、しつけ必須。対岸のコテージ木湖里館には、プライベートドッグラン付きコテージあり)
電/0238-77-2124
HP/http://snow-man.net/stay.html#stay_1

 

庄内エリア

12. 羽黒山キャンプ場(鶴岡市)

標高300メートルの高原の林間地に位置し、ホテルの敷地内にある快適なキャンプ場。ホテルの中の設備がしっかりと揃っているので、大雨や災害など、万が一の時でも安心です。また、月山登山や羽黒山石段登山・庄内観光の拠点としても最適なキャンプ場です。

手ぶらでOKなプランも充実しています。テントは設営済みで、道具や食材も揃っています。入浴や朝食ビュッフェが付いたプランもあるので、初心者でも気軽にキャンプを楽しむことができます。

羽黒山キャンプ場
住/鶴岡市羽黒町手向羽黒山8
営/4月下旬~11月上旬 IN 13:00~21:00、OUT 11:00、日帰り10:00~17:00
料金/オートサイト3,500円(管理費1人600円)、ほか
レンタル/テント、BBQグリル、調理器具ほか
オートサイト・フリーサイト/有
ペット/可(リード使用)
電/0235-62-4270
HP/https://www.qkamura.or.jp/haguro/camp/

 

13.月山あさひサンクチュアパーク(鶴岡市)

月山と湯殿山が近く、5000haものブナの原生林に囲まれています。夜は満天の星を眺められる「星空のホテル」。四季折々の豊かな大自然の中で、ゆったりとした時間を楽しめます。夏季限定で野菜のもぎ取り体験もできるのが、ファミリーには嬉しいポイント。予約不要・無料で体験できるので、夏に訪れた際にはぜひ体験してみてください。500円でピザ焼き体験もできるので、自分で取った野菜をピザにのせて楽しんでもいいかもしれませんね。

キャンプ場には、オートサイトも50台あり、AC電源もあるので、携帯の充電ができるので安心です。親子で入れる広いシャワールーム、冷蔵・冷凍庫とお風呂、さらに炊事場には電子レンジもあり、充実した設備が整っています。

最新情報はFacebookをご覧ください!

月山あさひサンクチュアパーク
住/鶴岡市田麦俣六十里山125-8
営/6/1~10/31 IN13:00~、OUT11:00
料金/オートキャンプ(1区画)5,500円、ほか
レンタル/テント、タープ、シュラフ(寝袋)ほか
フリーサイト/有
ペット/可(予約時に申し付け)
電/0235-54-6606(電話受付9:00~17:00)
HP/https://yudonosan.com/camp/
Instagram/https://www.instagram.com/gassanasahi.campsite/

 

14. 西浜コテージ村・キャンプ場(遊佐町)

美しい松林に囲まれた、海も山も満喫できるキャンプ場です。夏は近くの海や川で、海水浴や釣りが楽しめます。近くには鳥海山もあるので、登山の拠点にも最適です。周辺には日帰り温泉「あぽん西浜」や道の駅「鳥海ふらっと」もあり、便利な立地です。コテージも6棟あるので、キャンプ初心者さんでも気軽に楽しめますよ。

西浜コテージ村・キャンプ場
住/飽海郡遊佐町吹浦西浜2-62
営/年間営業 8:30~17:30
料金/コテージ(4人用)12,000円、(6人用)17,000円、ほか
レンタル/BBQコンロ、テント、ほか
フリーサイト・コテージ/有
ペット/キャンプ場内可、コテージ不可
電/0234-77-3600
HP/https://nishihama-cottage.com/

 

最後に

いかがでしたか?今回は注目のグランピング施設2選とキャンプ場12カ所をご紹介しました。

今年の夏は山形の大自然を満喫しちゃいましょう!


最新の情報とは異なる場合がありますので、ご確認の上、お出かけ下さい。