うちグル

LIFE くらす

漢方の不妊治療法 腎臓を強める、血流を良くする

懐仁堂漢方薬局 山形店 かいじんどうかんぽうやっきょく やまがたてん

掲載号:ヨミウリウェイ 2020年3月10日号

カウンセリング担当
中国漢方医師・医学博士 侯 殿昌

当薬局では、不妊治療や流産を繰返し失敗した方など40才以上の女性に漢方薬の併用で妊娠成功した例が沢山あり、昨年12月の第23回日本統合医療学会学術大会で不妊治療の実績を発表し、産婦人科の医師をはじめ、高く評価された。40代の女性は不妊治療を繰り返して失敗、44才の時から漢方薬を服用。2018年6月に自然妊娠成功し、すぐ流産予防の漢方薬を服用し、2019年4月に46才11ケ月10日で3176gの女の子を出産。精子の質や量に異常がある男性の腎臓を強くして質と量を改善して自然妊娠出産した例、流産を3回繰り返した40代の女性が自然妊娠、出産した例も沢山あります。

漢方から見た不妊の原因は:①腎臓は“生育の元”と言われ、強くすれば卵子の質と精子の質と量も高め、卵巣や子宮の機能を改善、着床をしやすくなり、自然妊娠と不妊治療の成功率が高まります。②血流は冷え症、生理不順、子宮筋腫、内膜症など婦人科の病気とも関係があります。

住所〒990-0031 山形市十日町3-6-38
電話番号山形店 023-632-8007 仙台店 022-718-5858 福島店 024-526-2581
営業時間10:00~18:00 【無料相談日】毎週火・木(要予約)
定休日土・日・月曜、祝日
駐車場2台

最新の情報とは異なる場合がありますので、ご確認の上、お出かけ下さい。

Related!関連記事