うちグル

SPECIAL 特集

NPO法人 山形自立支援創造事業舎(みちのく屋台こんにゃく道場)

3色の一味唐辛子が山形の新たな名産に!?
香辛料も地産地消で。

 昨年から販売されている山形産の激辛一味をご存知ですか? 通常の10倍辛いといわれている「黄金唐辛子」を使った一味で、障がい者の就労継続支援B型事業所、みちのく屋台こんにゃく道場として、2007年12月に開所したNPO法人山形自立支援創造事業舎が手がけています。 

やまんばぴりり

(青とうがらし一味) 324円

やまんばはぁはぁ〜

(赤とうがらし一味) 324円

やまんばドッカーン

(黄金の激辛一味) 540円

 同団体は、8年ほど前から唐辛子の栽培に着手。当初は赤と青の2種類の唐辛子を栽培し、ゆずこしょうに加工していましたが、2017年の秋からは一味唐辛子の加工をスタート。代表の齋藤淳さんは唐辛子栽培を始めたきっかけについて、「地産地消の意識が高まる中で、調味料も山形産にこだわれないかと思った」と話します。  

 3色の唐辛子は、味に深みがあり鍋料理などに適している「赤」、爽やかに香り、肉そばや山形のだしと相性がよいという「青」、激辛でカレーやチーズ料理にマッチする「黄」とそれぞれに特色を持ちます。「県内の飲食店に設置いただくケースも増えてきています。まずは味わってみてほしいです」と齋藤さん。9月からは東京でも販売を開始。栽培する唐辛子の種類をさらに増やすなど今後にも注目です。

▲代表 齋藤淳さん

「黄金唐辛子は、主に西日本で栽培されていますが、非常に取り扱いが難しく、加工も防塵マスクを被って行っています」と齋藤さん。収穫直後の色味をキープするため、天日干しや機械で乾燥した後は粉砕し、真空にして冷凍しているそう。

【販売店データ】
●山形まるごと館 紅の蔵「おみやげ処 あがらっしゃい」 住/山形市十日町2-1-8 
●おいしさ直売所紅の蔵店 住/山形市十日町2-1-28
●山形市役所食堂 住/山形市旅篭町2-3-25

【問い合わせ先】
●NPO法人 山形自立支援創造事業舎(みちのく屋台こんにゃく道場)
 TEL/023-673-9494 http://michinoku-yatai.jp


最新の情報とは異なる場合がありますので、ご確認の上、お出かけ下さい。

TOPICSトピックス

RANKING!人気記事

つづきを読む
自宅で北海道が楽しめるテイクアウト注文スタート!

北海道レストラン 別邸 嶋北店

つづきを読む
蔵オビハチで人気のランチ膳やカレーのテイクアウトはじめました

蔵オビハチ「灯蔵」

つづきを読む
職場で・ご自宅で、パレスの美味しいお料理を!

パレスグランデール

つづきを読む
ステーキ弁当をはじめました! お肉でパワーをつけましょう!

ワイルドグリル

つづきを読む
会社&自宅ランチで楽しめるテイクアウトをご用意させて頂いてお…

伊・食・旬 Igatta

Related!関連記事