SPECIAL 特集

村山 最上川三難所そば街道《前編》

三大そば街道(1)|山形のそば

掲載号:ZERO☆23 2023年10月27日号

そばの産地であり、かいもち(そばがき)や、そば切りなど、そば文化が根付く村山市。
それぞれの店を食べ歩いて欲しいと、平成6(1994)年にいち早く、そば街道がつくられました。

あらきそば

板そば うす盛り(1人前)1,200円
そばは農家に頼んで栽培してもらい、店で粉に挽いています。太いそばは奥歯で噛みしめ、そばの強い香りを楽しんで。

そばの産地・村山の文化、杉板でふるまう「板そば」

創業は大正91920)年。村山で昔から食べられてきた太打ちそばを伝える名店です。現在は4代目・芦野浩平さんが、玄そばの粗磨きから製粉、そば打ちまでを行っています。店がこだわるのは、それだけではありません。祖父・又三さんは「田舎のそば屋は、田舎のそば屋として格好を整えなければ」と店は茅葺屋根、畳は縁のない「野郎畳」にしました。さらに器は「農作業時におにぎりを運んだ杉板のお盆でやってみるか」と、秋田杉の柾目(まさめ)でつくらせたと浩平さんの母・真弓さんが話します。そばも佇まいも、先代たちの心意気を引き継いでいます。

【そばDATA】品種:でわかおり / 配合:十割 / 太さ:太


にしんの味噌煮 430円/当初は酒の肴として提供していた、にしんの味噌煮。今では名物料理に。真っ黒な見た目に驚きますが、箸でほどけるほどのやわらかさ。

あらきそば
住/村山市大久保甲65
電/0237-54-2248
営/11:00~14:30
休/水曜
駐/有

手打ちそば ゆきむろ


板そば 800円
季節の漬物が付いた、甘みとコシのある田舎風手打ちの十割そば。大盛り(1,000円)や、小板そば(600円)もあります。

残雪がもたらす、低温熟成の雪室そばの食感に驚き

雪室で保存したそばの実を使ってそばを打つ、このお店。神崎地区で採れた玄そばの実を雪室に保管し、低温状態で寝かせることで「味・艶・香り」が保たれ、独特の食感とほのかな甘みを感じるのだそう。熟成した「でわかおり」と「最上早生」をブレンドし、石臼で自家製粉する十割そばは、表面は少しザラっとして、意外にやわらかく、モチモチ。手間ひまを惜しまず丁寧に手打ちしたそばの味が評判となり、県外のお客さんも多く訪れます。

【そばDATA】品種:最上早生、でわかおり / 配合:十割 / 太さ:太


雪室貯蔵庫/雪を利用する冷温貯蔵施設。天然雪を保存し、雪を生かし、年間を通して安定した温度(5℃)と湿度(75%)で作物の品質を保っています。

手打ちそば ゆきむろ
住/村山市土生田1018-2
電/0237-58-2506
営/11:00〜15:00
休/水曜
駐/有

手打蕎麦おんどり


打ち板そば 850円
そば殻を取り除いた「丸抜き」を挽いた、淡くうっすら白い、のど越しなめらかなそば。増量の大板(1,100円)もあります。

自然豊かな景観の中、贅沢手打ちそばと温泉を楽しむ

風味を損なわないよう、自家栽培した玄そばの実を丁寧に石臼で挽き、霊峰葉山の湧水で仕上げる「手打蕎麦おんどり」。外一の純手打ちそばで、メニューは2種の板そばのみ。上品な丸抜き挽きの細打ちと、風味と歯ごたえ豊かな殻まで挽き込む挽きぐるみの黒っぽい田舎風太打ちから選ぶことができます。こちらには温泉施設があり、貸切風呂と個室でくつろぎながら、そばと山菜料理を楽しめるプラン(1名2,000円)もおすすめ(要予約)。

【そばDATA】品種:でわかおり / 配合:外一 / 太さ:細・太


合盛り板そば 900円/細打ちと太打ち、2種のそばを食べ比べできます。にしん煮と季節の小鉢が付いた、セットメニュー。大板(1,150円)もあり。

手打蕎麦おんどり
住/村山市山の内255-1
電/0237-57-2552
営/11:00〜14:30
休/火曜
駐/有


最新の情報とは異なる場合がありますので、ご確認の上、お出かけ下さい。

TOPICSトピックス

RANKING!人気記事

Related!関連記事