うちグル

GOURMET たべる

六田の車麸は良質なたんぱく源である上に日持ちがよく、地域に欠かせない食材として親しまれてきました。

文四郎麸(麸製造・ふ懐石処 / 創業160年)

掲載号:ZERO☆23 2020年11月27日号

ふっくら、つるり、しこっ

日々の食卓に、おもてなしに。変幻自在の万能食材。
六田宿と呼ばれ、江戸時代に宿場町として栄えた東根市六田地区。紅花栽培も盛んで、畑の連作障害を防ぐために植えられたのが小麦でした。この地は奥羽山系の湧水も豊富。参勤交代で通る秋田藩主のお墨付きも得るほど水がおいしいと評判でした。 麸づくりに欠かせない「水」と「小麦」にめぐまれた六田地区に、麸の製造技術が伝えられたのが江戸時代末期の文久年間。のちに六田麸街道と呼ばれるほど麸屋が軒を連ねるなか、もっとも歴史の古い一軒が文四郎麸です。
「長い木の棒に生地を巻いて焼いた車麸は栄養価が高くて消化もよく、日持ちするため大変重宝されました。最盛期には100人以上の行商人が県内外で売り歩いたほどなんですよ」と7代目の齋藤幸信さん(写真)。
時代が進むにつれて食文化も多様化すると麸の消費にも変化がみられ、日本全体で麸屋はこの20年で半減。「六田麸のおいしさをもっと多くの人に伝えたい」と、6代目文四郎が考案したさまざまな麸料理を味わえる、ふ懐石料理処「清居(せいご)」をオープンしたのが30年ほど前。麸のふんわり豆乳コロッケ、かやく麸まんじゅうなど、とくに人気のお惣菜は販売処で購入できます。

六田ふ懐石ごっつぉ 3,300円
季節の景色を眺めながら、四季の味覚と麸料理を心ゆくまで楽しめます。内容は月替わりで12品。前日までの要予約です。

ふ懐石料理処「清居」では、季節ごとに移ろう懐石処から見える景色も楽しみのひとつに。椅子席で味わうことができます。

ここがスゴイ! 文四郎麸のスリーポイント

1.名水あり

水は麸づくりに必須。敷地内に涌き出す「六田水」は参勤交代で訪れた秋田藩主に気に入られ、「佐竹水」と呼ばれたほど。

2.グルテン含有量

全国にたくさん麸がある中でも、六田麸はグルテン含有量が多いのが特徴。強いコシが生まれ、煮崩れしにくくなります。

3.お菓子にも変身

気軽に食べられるおやつを、と考案したふかりんとう(356円)は25年のロングセラー。ふどーなつ(356円)も人気。

文四郎麸 (ふ料理処「清居」)
ブンシロウフ

住/東根市六田2‐2‐20
電/0237(42)0117
営/〈販売処〉9時~18時30分
  〈清居〉(要予約)11時30分~、13時~、14時~
休/〈販売処〉無休
  〈清居〉第1・3・5月曜(祝日の場合は翌日)
駐/有


最新の情報とは異なる場合がありますので、ご確認の上、お出かけ下さい。

TOPICSトピックス

RANKING!人気記事

つづきを読む
自宅で北海道が楽しめるテイクアウト注文スタート!

北海道レストラン 別邸 嶋北店

つづきを読む
蔵オビハチで人気のランチ膳やカレーのテイクアウトはじめました

蔵オビハチ「灯蔵」

つづきを読む
職場で・ご自宅で、パレスの美味しいお料理を!

パレスグランデール

つづきを読む
ステーキ弁当をはじめました! お肉でパワーをつけましょう!

ワイルドグリル

つづきを読む
会社&自宅ランチで楽しめるテイクアウトをご用意させて頂いてお…

伊・食・旬 Igatta

Related!関連記事