うちグル

LIFE くらす

アイス専門店「Ice café 弘水-KOSUI-」切り盛りするママを紹介します。

あるママの一日

掲載号:mamaid 2019年7月20日号

㈱赤塚製氷へ嫁いで10年目。3人の子どもを育てながら、アイス専門店「Ice café 弘水-KOSUI-」切り盛りするママを紹介します。

赤塚 真已(あかつか まい)さん

東根市出身。高校卒業後は、天童市のエステティックへ就職。2009年に結婚、製氷業を営んでいる㈱赤塚製氷へ嫁ぐ。
2014年夫婦で“ふんわり五代目かき氷”の販売を始める。その2年後にアイス専門店「Ice café 弘水-KOSUI-」をOPEN。天童市在住。
[本人] 34歳 [夫] 34歳 [長男]弘成(こうせい)くん 9歳 [長女]凛花(りんか)ちゃん 7歳 [次男]真弘(まひろ)くん 5歳

 

 

赤塚製氷に嫁いで10年目! 目指すは県外出店!

㈱赤塚製氷に嫁いだ真已さん。嫁いだ当時は、アイスクリームやドライアイスの配達がメインでしたが、天童高原で飲食事業を始めることに。2014年、会社の敷地内に赤いプレハブを置いて、「氷屋さんの作る究極のかき氷」と題し、“ふんわり五代目かき氷”の販売を始めました。その2年後、会社の移設に伴いアイス専門店「Icecafé弘水-KOSUI-」をOPEN。かき氷だけではなく、ジェラートやアイスも販売しています。
かき氷を売り出した当初から、飲食事業で販売するメニューは真已さん夫婦が話し合って決めています。現在は仕入れているジェラートも、近々自分たちで製造予定。10月〜4月限定で“ふんわり五代目パンケーキ”の提供もしていて、「温かいメニューをもっと充実させたい。育児が落ち着いたら仙台や東京へ出店も考えています」と、今後の活躍に期待!

将来の夢は子どもたちとお店を盛り上げること

長女凛花ちゃんはダンス、長男弘成くんと次男真弘くんはスイミングを習っていて、送迎するのも大変。仕事に3人の子育てにと忙しい真已さんですが、隣に住む義両親が手伝ってくれるので、助かっているのだとか。
習い事がない日は、お店や事務所の周りで友達や従兄弟と賑やかに遊ぶのが日課。土日も仕事なので、休日出かけられない分、年に1度家族旅行へ行くのが恒例になっています。
赤塚家の男子には代々「弘」という文字が入っており、弘成くんと、真弘くんも例外ではありません。弘成くんは、幼稚園の卒業文集に「将来の夢は六代目になること」と書くほど、跡取りということを意識しているそう。「子どもたちが大きくなったら一緒にお店を盛り上げていけたら嬉しい」と、夢が膨らむ真已さんでした。

 

ママ技

子どももパクパク☆ピーマンチャーハン
ピーマンが大好きな子どもたちに大好評! 忙しい日も朝パパッと作り置きできて、ご飯の準備がラクになります。

<材料>
ご飯/ハム/ピーマン/卵/ごま油/塩・コショウ

<作り方>
①フライパンにごま油をひき、小さく切ったハムとピーマンを炒める。
②具材に火が通ったら、溶き卵を入れ軽く混ぜてからご飯を投入する。
③塩・コショウで味付けしたら完成。

 

【後記】

“ふんわり五代目かき氷”は、これでもかというほど氷が山盛り!
長女りんかちゃんのお気に入りは、ドラゴンフルーツ味なんだとか! 今度トライしてみたいな♪

Ice café 弘水 -KOSUI-

住/天童市東本町3-6-39
電/023-651-3639
HP http://akatuka-ice.com/


最新の情報とは異なる場合がありますので、ご確認の上、お出かけ下さい。

TOPICSトピックス

RANKING!人気記事

つづきを読む
自宅で北海道が楽しめるテイクアウト注文スタート!

北海道レストラン 別邸 嶋北店

つづきを読む
蔵オビハチで人気のランチ膳やカレーのテイクアウトはじめました

蔵オビハチ「灯蔵」

つづきを読む
職場で・ご自宅で、パレスの美味しいお料理を!

パレスグランデール

つづきを読む
ステーキ弁当をはじめました! お肉でパワーをつけましょう!

ワイルドグリル

つづきを読む
会社&自宅ランチで楽しめるテイクアウトをご用意させて頂いてお…

伊・食・旬 Igatta

Related!関連記事