うちグル

LIFE くらす

2020. host town relay! VOL.02

もっと知りたい! タンザニア連合共和国

掲載号:mamaid 2019年11月20日号

 

長井市がホストタウンになっているタンザニア連合共和国より、スポーツ教育を専門とするスポーツ国際交流員として赴任したバハティさん。祖国との生活習慣や文化の違いに驚くことが多く、特に「礼」には戸惑ったそう。「挨拶といったら握手やハグ。頭を下げる文化はないから、最初は何をしているのかわからなかった。今でもちょっと慣れないです」と苦笑い。

 今年の春からは、奥さんと2歳の息子も移住し、家族3人での生活がスタートしました。故郷は大家族が多く、バハティさん自身も7人兄弟(ちなみに、おじいさんには39人の子どもがいるんですって!)。親戚同士が近くに住むので、子どもはみんなで育てるのが当たり前の環境です。そのため、幼稚園には4歳から入園する子がほとんどなので、「日本の子どもは小さくても1人でご飯を食べたり、おもちゃで遊んでいるからびっくりした」と、日本の子育ては少し寂しく映ります。

 休日には家族に料理を振る舞うこともあり、郷土料理のピラウやじゃがいも、バナナを使ったメニューが並びます。タンザニアにはバナナの種類が50種類以上あり、料理のバリエーションも豊富。お肉との相性もよく、バーべキューには欠かせない食材です。

 長井市には、陸上をはじめ、水泳、柔道、野球の選手が事前合宿で滞在する予定です。「これから様々なスポーツ活動を通じて、市民のみなさんにお会いできるのを楽しみにしています」と明るい笑顔で話してくれました。

PICK UP PHOTO
① 魚介類も美味しいタンザニア。「サトウ」という大きな魚は、スープやカレーにも合います。 ② 家族みんな日本食がお気に入り。息子さんはお味噌汁が大好きになったそうです。
おすすめスポット
ンゴロンゴロ保全地域やセレンゲティ国立公園など、自然豊かで広大な大地。ゾウやキリンに出会うサファリツアーも人気。

公用語 スワヒリ語、英語
こんにちは:jambo(ジャンボ)
ありがとう:asante(アサンテ)


最新の情報とは異なる場合がありますので、ご確認の上、お出かけ下さい。

TOPICSトピックス

RANKING!人気記事

つづきを読む
自宅で北海道が楽しめるテイクアウト注文スタート!

北海道レストラン 別邸 嶋北店

つづきを読む
蔵オビハチで人気のランチ膳やカレーのテイクアウトはじめました

蔵オビハチ「灯蔵」

つづきを読む
職場で・ご自宅で、パレスの美味しいお料理を!

パレスグランデール

つづきを読む
ステーキ弁当をはじめました! お肉でパワーをつけましょう!

ワイルドグリル

つづきを読む
会社&自宅ランチで楽しめるテイクアウトをご用意させて頂いてお…

伊・食・旬 Igatta

Related!関連記事