うちグル

LIFE くらす

自ら選んだ道に向かい、まっすぐに挑み続け輝くひと。

My Way People シンガー・ソングライター/山形弁研究家 山口 岩男さん

掲載号:ヨミウリウェイ 2020年4月10日号

「さぁすけね!」寛容の言葉、山形弁を音楽で伝えていきたい

音楽への憧れをけん引、AM文化が作った時代

拓郎、陽水、かぐや姫に代表される70年代のミュージックシーン。今のSNSがそうであるように、当時の若者たちにとってはラジオがコミュニケーションツールでした。AMラジオから流れる曲に耳を傾けながら、寝る間も惜しんで音楽に夢中になる若者たち。
そうしたかっこいい兄ちゃんたち の姿に憧れ、小学6年の時に初めてギターを買ってもらったことが、山口岩男さんのミュージシャンとしての原点です。早稲田大学入学と同時に上京し、当時プロデビューの登竜門でもあった大学の音楽サークルに入部。アルバイトをしながらプロを目指していました。しかし、デビューのきっかけを簡単に掴めるはずもなく、就職した友人たちを横目に焦りを抱えながら過ごした青春時代。デモテープがレコード会社にピックアップされ、ようやくメジャーデビューを果たしたのは25歳のときでした。

培った人的インフラで遠隔でも作業を可能に

これまで神奈川県の湘南を拠点に音楽活動を続けてきた岩男さん。37年ぶりにUターンすることにしたのは山形での仕事が忙しくなったことと一人暮らしの父親の傍にいてあげたいという思いからでした。現在、レコーディングなどの作業は自宅と渋谷のスタジオとをオンラインで繋いで行い、どうしても一緒に作業をしなければならない場合は日帰りで対応。「インフラが発達しているので、山形でミュージシャンとして仕事することに不便はありません。妥協せずにクオリティの高い仕事がやれる環境もある」と岩男さんは言い切ります。音楽の世界で命を削りながら挑み続けるシビアな人たちの中でもまれたメンタリティとスキル。 人的インフラ があれば、今の時代は遠隔でもやっていけるという確信は、30年間培ってきた人脈があればこそ。
「思い立ったらすぐに温泉に行けるし、おいしい蕎麦も気軽に食べられる。このクオリティを都会で実現しようと思ったら簡単にはいかない。山形に生まれたことで幸せの半分は保証されていると思う」。何もないと思っていた田舎が実はパラダイスだった、そう気づかせてくれた故郷。

ディープな山形弁は自分を魅せるアイテム

「 “さぁすけね”って、何度もやり直せる魔法の言葉だと思うんだ。山形弁には、許す言葉が多いんだよね。少しのミスでも人を叩く不寛容の時代に、山形には 差し支えない と受け入れる文化が根付いている」と話す岩男さんは、方言が使われなくなったことに危機感を覚え、音楽を通して言葉の大切さを伝えています。「明治時代に学者が作った標準語は感情表現が乏しい。感情はその土地で育った気持ちだから、方言でしか表現できない想いがあるんだ」。その土地の歴史が紡いてきた言葉の強さと魅力。全部方言ではなく、自分を魅せるためのアイテムの一つとして、標準語と方言をオン・オフで使い分けてローカリズムを出していく…その視点は、山形の文化を守るヒントになりそう。

「山形はパラダイスだよ!」と、笑顔を見せる岩男さん。 キーボードを自在に操りながらCMの曲づくり。 長年続けているヨガで仕事の合間のリフレッシュ。
愛用のギターたち。 25歳。夢が叶ってメジャーデビューを果たす。 昨年11月に行われた30周年記念コンサート(天童市市民文化会館大ホール)
時間があればマリンスポーツを楽しんでいた湘南での暮らし。 岩男さんの山形弁ライブはいつも大盛り上がり! 2019年7月、山形弁ソングのアルバム「山形魂」をリリース。
山口 岩男さんプロフィール

天童市出身(1963年生)。1989年シンガー・ソングライターとしてメジャーデビュー。以後、ギタリスト、ウクレレ奏者として活動を続ける。スタジオ・ミュージシャンとしても嵐、森山直太朗、ケツメイシなど多数のレコーディング・コンサートに参加。2018年にはうつ病体験を描いた著書『「うつ病が僕のアイデンティティだった」~薬物依存というドロ沼からの生還』を出版し話題に。2019年からYBCラジオ番組「山口岩男の方言ロックナイト」を担当。山形での活躍の場が広がったこともあり、2020年から天童に活動拠点を移し、新たなスタートを切った。

https://iwao-breeze.com/


最新の情報とは異なる場合がありますので、ご確認の上、お出かけ下さい。

TOPICSトピックス

RANKING!人気記事

つづきを読む
YAMAGATA パンマルシェ2019 イベントレポート☆

#ヨミウリウェイ #mamaid #ZERO☆23 #レポート #パン #ベーグル #山形市

つづきを読む
自宅で北海道が楽しめるテイクアウト注文スタート!

北海道レストラン 別邸 嶋北店

つづきを読む
蔵オビハチで人気のランチ膳やカレーのテイクアウトはじめました

蔵オビハチ「灯蔵」

つづきを読む
職場で・ご自宅で、パレスの美味しいお料理を!

パレスグランデール

つづきを読む
ステーキ弁当をはじめました! お肉でパワーをつけましょう!

ワイルドグリル

Related!関連記事