うちグル

LIFE くらす

株式会社ハート・コーポレーション
代表取締役 高崎和生さん インタビュ―

「良質な家づくり」に「防災化」を加味し、ライフラインが喪失しても安心な家

おいしいゴハンが食べられるいえ

 株式会社ハート・コーポレーションが大切にしているのは、「おいしいゴハンが食べられるいえ」。毎日家族がお いしいゴハンを食べれるには、どんな家が必要だと思いますか? そこには、心から安心して住み続けることができ る空間が必要だと私たちは考えています。

 そのためには、まず家そのものが頑丈で、長持ちすることが大切です。また、シックハウス対策やバリアフリー設 計などの健康被害が起きないこともちろん、ぐっすりと寝れる環境づくりも必要となります。そのために、設計には 在来工法を取り入れ、丈夫な建材を選定しています。そして「何年たっても便利に暮らせる家」であることを心 がけて、ライフスタイルの変化に対応できる自由な間取りをご提案しております。

 しかし、こうした対策だけでは安心した家づくりとは言えません。家が世界で一番安心できる場所になるように は、「防犯」「防災」に対しての視点も忘れてはならないのです。

 

ライフラインが止まっても「いつもの暮らし」が続けられます

 今回、山形市長町に完成したモデルハウス「FOREST-GH<Hazard-resistant house>」は、当社の コンセプト住宅「FOREST-G」に防災機能を加えたモデルです。 地震や水害など、自然災害はいつ発生する かわかりません。そのため、「家」そのものが地震の影響を軽減できるよう制震ダンバーを設置し、床への浸水を 抑制するために通常より基礎も高く設計しています。加えて、万が一ライフラインが止まった場合でも、1 週間は 「いつもの暮らし」が継続できるよう様々な機能が備えつけてあります。

 中でも注目して欲しいのが、床下に装備した水道管に直結した給水タンクシステム。普段の生活で水を使用 することによって、常にタンク内に水が流れ、安心・安全な水が確保される仕組みになっています。ポリタンク約 4 個分の水を溜めることができ、タンクのメンテナンスはフリー。ミネラルウォーターの備蓄と違い、トイレや生活用 水の分まで大量に確保することができます。

 

災害、犯罪から家族を守るために

 水と共に、欠かすことができない電気です。電力が使えない状況は思った以上に不安や不便さを感じるも の。そのため、LP ガスを使用した自家発電システム、ポータブル発電機、ソーラーパネルを備え、停電時も電力 が使用できるようになっています。また、ハイブリット給湯器「エコワン」を設置し、非常時でも給湯暖房が可能と なっています。いつものように生活できるので、災害時でも温かな食べ物が口にでき、小さな子どもたちも安心し て過ごすことができます。

 また、防災と共に備えたいのが防犯。犯罪者は侵入しやすい家をターゲットにするため、「入りたくない・入りに くい・入れない」防犯デザインを施しています。こうしたシステムをあらかじめ備えをしておくことで、例えば、子ども だけで留守番をしている時に停電になっても、突然知らない人が訪ねてきても、「家にいるから安心」と思えるの です。

 

食事の時間を大切にできる間取り

 当社は、自由設計・セミオーダー、規格住宅まで、個性が違う住宅を用意しています。家はご家族が毎日を 過ごし、思い出を積み重ねていく場所。そして、そこには必ず日々の食事の時間があります。当たり前の日常が より楽しい時間になるよう、家族の気配を感じられる間取りを大切にしています。

 庭の家庭菜園で育てる野菜、リビングに響く包丁の音、鍋から漂うスープの香り…食事の過程を身近に感じ られることで、「今日のゴハンは何?」「私も手伝ってみたい!」そんな家族の声が生まれるかもしれません。食べる 力は、生きる力につながります。「今日の食事が楽しみ」「1 年後の食材を作るのが楽しい」という楽しい食経験 を、未来を担うお子さんと共に当社の家で育んでもらえたらと願います。

 

株式会社ハート・コーポレーション

TEL : 023-682-8123
住所 : 山形市馬見ヶ崎 3-22-1
営 : 10:00~19:00
休 : なし
https://www.heart-co.com/
https://www.facebook.com/heart.delicious.home/

 


最新の情報とは異なる場合がありますので、ご確認の上、お出かけ下さい。

TOPICSトピックス

RANKING!人気記事

Related!関連記事