うちグル

LIFE くらす

リノベ不動産×株式会社 ZATTA
代表取締役 (一級建築士・宅地建物取引士) 鈴木 寛章さん インタビュー

住みたい場所で自分らしい家が「ほしい」方におすすめしたい
リノベーションという新たな選択肢

リノベーションという選択肢

 家はお子さんの成長を見守り、家族が笑顔で過ごす場だと思います。新たに建てるのも素敵ですが、持ち家や中古住宅をリノベーションして、その理想の家を「手に入れる」方法も あります。住みたいエリアや暮らし方をあきらめたくない方におすすめです。古いもの好き の視点と経験を活かして素敵な空間づくりや家具・内装まで全て提案します。

 家を建てるとき、新築の前に中古住宅も検討すると可能性が拡がります。予算でお悩みの 方や、もっとワクワクする家が欲しい方もご相談ください。

 

機械ではできない楽しい家づくり

何もない土地にゼロから家を建てることは、家事動線や収納、最新の便利な機能を取り入れ やすい反面、画一的なデザインになりがちで流行に左右されやすい側面もあると感じてい ます。ZATTA が目指すのは、機械じゃできない人間らしさを感じられる楽しいリノベーシ ョンの家です。古い建物を利活用することはエコにもつながりますし、新しい空間にはない 趣も生まれるもの。ただ古いままでは、現在のライフスタイルに合わない部分も出てきます。 そこで、居間と台所そして客間を仕切る壁を取り除いて、大きな続き間の LDK にリノベー ションといったことも。それは、一級建築士の資格を持ち様々な家づくりを経験してきたこ とで、住みやすさとデザイン、安全性を両立させた家づくりを可能にしています。

 

歴史を継承すること、「ほしい」家をあきらめないこと

実際に、今手掛けている家は、もともと平屋だったものを 2.5 階に建て増ししているんです よ。私自身古いものが好きなこともあり、リビングにも古材やアンティーク家具を使ってい るのも、特徴です。その地に建っていた中古住宅や親世代が建てた思い出の詰まった家をリ ノベーションすることは、息づいていた歴史も継承することに繋がると思っています。

 また、人気のエリアは土地が高く、新築は建築費もかさむため、住むところか建物の質か いずれかを妥協してしまうことも・・・。特に、どこに住むかというのは、お子さんの学区 にも関わりますし、通勤時間や日々の買い物などを考えても利便性の高いエリアが理想で はないでしょうか。でも利便性の高いエリアはおおむね空き地が少なく、土地の価格も高い ものです。でも、街中の空き家をリノベーションすることによって、予算も抑えられて「理 想の家」を手に入れることが可能になります。

 

「ZATTA=雑多」

フィリピンやタイなど東南アジアの街並みは、統一感はなく雑多でごちゃついているイメ ージですよね。洗練されてはいないけど、エネルギーにあふれ活気を感じます。新しいもの を組み合わせるだけではなく、古いものを再利用・再設計・再建築していくことで、まわり のものを面白くしていけたらいいですね。その想いが社名の由来にもなっています。

 人と同じものではなく、自分らしい家がほしい人、いっしょにオンリーワンの家づくりし ませんか。

 


最新の情報とは異なる場合がありますので、ご確認の上、お出かけ下さい。

TOPICSトピックス

RANKING!人気記事

Related!関連記事