LIFE くらす

光あふれる6月はハーブたちの季節。

ハーブの育て方とかんたんアレンジ。

掲載号:ヨミウリウェイ 2017年6月号 vol.211

多くのハーブは日光あふれる地中海が原産地。雪や寒さに弱いのですが、6月の山形はハーブたちが大好きな気候です。ちょっとした工夫で、増やしたり香りを長く楽しむことができます。


● 教えてくれた人:安藤薫(あんどう かおる)さん
ハーブコーティネーター。
カルチャーセンター講師や個展の開催、テレビやラジオに出演し、ハーブを使った料理やフラワーアレンジメントを提案している。
H20年よりアロマテラス主宰。

● アロマテラス
住/山形市風間1201-4(楯山駅前)
電/023-686-2612 (要予約)
営/11:30〜15:00
休/木曜、日曜不定休
駐/有

サラダなどに使うバジルやルッコラの苗の植え付けは、今からでも遅くありません。
露地に植えても大丈夫ですが、1週間くらいは太陽があたりすぎないようにしましょう。

◆ カモミール:甘いりんごのような香りで、多くの効能があるカモミール。7分咲きくらいで摘み取り、乾燥させてから保存しましょう。

◆ バジル、ミント:ハーブは花が開くと、精油が花の方へいってしまいます。花が咲いたら摘み取り、香りと薬効を長持させます。

芽先を10〜15cm切り取り、下葉をとります。
さし木用の土を湿らせ、ラベンダーを斜めにさします。
発芽するまで乾かないよう、日陰で管理します。(適期:5〜10月、夏を除く)

わい性(地面にはう)ハーブは、茎をUピンで地面に刺して、埋め込むと、埋め込んだ部分から根が出てきます。それぞれを切り離し、植えつけます。(適期:5〜10月、夏を除く)


最新の情報とは異なる場合がありますので、ご確認の上、お出かけ下さい。

RANKING!人気記事

つづきを読む
ぜひとも訪れたい米沢の観光スポット

#ZERO☆23 #道の駅 #旅行 #米沢市

つづきを読む
代々受け継がれている江戸前天ぷらを堪能

東京天國 山形支店

つづきを読む
ガレットもいただけるカフェが鉄砲町にオープン

ふたばカフェ

つづきを読む
無添加のだんごを求め、行列絶えない大石田町の人気店

最上川千本だんご

つづきを読む
素材の旨味と贅沢な肉の食感が楽しめる極上体験
肉の直…

焼肉酒場 匡泉

EVENTイベント情報

NEW
つづきを読む
礒貝吉紀 ドールハウスセレクション

2019年6月10日まで

NEW
つづきを読む
空気まつり

2019年6月1日・2日・5日

NEW
つづきを読む
第18回果樹王国ひがしね さくらんぼマラソン大会

2019年6月2日

Related!関連記事