LIFE くらす

酒田の海で50年以上漁業を営む池田亀五郎さんにお話を伺いました。

酒田の海、漁師と魚。

掲載号:ヨミウリウェイ 2017年7月号 vol.212

海に出ているとね、一日だって同じ日はこないんだ。
今日もまずまずだ。

Profile:池田 亀五郎
第28廣徳丸船長、酒田市在住。1945年生まれ。家業を継ぎ、18歳のときに漁師に。

漁師の仕事 魚の流れを読むこと

だいたい1年のうち120日間は海に出てるよ。もう何年になるがな。高校出たらすぐ海さ出てだからなぁ。早ければ夜中の1時に船出して、17時には戻る。夕方の水揚げのときに、次どのあたりまで船出すかを決めてんだ。若い頃は細けぐ日記つけてきたげども、毎年その通りに動いでだら仕事になんねぇ。おんなじとこ行ったからって、おんなじように穫れるかっていったら、そうじゃねぇ。その年の魚の流れっていうのがあるんだ。

酒田市では8艘の底引き網漁船が出てる。他にも、はえなわ漁業、一本釣り漁業、さし網漁業など組み合わせながら兼業でやってるところも多いんだ。うちは底引き網専業。他の船がどの漁場まで出ていってるのか、どのくらい獲れたのか、情報交換しながらうまぐやってるよ。

酒田・庄内浜と魚の魅力

庄内の海はいろんな魚がとれるのが魅力だの。年間通してだいたい130種類。穫れるものが季節によって全然変わるんだ。今日はオキギスとホッケがたくさん獲れた。6月・9月はクチボソカレイも旬だな。

流通は県外5割、内陸が1割、地元が3割から4割。地元の流通が結構多い。だから地元でしか見ない魚ってのも結構ある。 お店の人が直接仕入れに来ることもあるんだ。 庄内の人たちは地のものをすごく大切にする。 旬のものが出たら「うめさげ(美味しいから)買う」って言って少々値段が張っても買っていぐんだ。 何十年も魚を食べ続けてきたけど、やっぱり庄内の魚はうめぇの。毎日食べてるげど全然飽ぎね。

例えば、タラの一番美味いときって冬だけだと思ってねが? 実はこの辺の漁師の間では「木の芽ダラ」って呼んでて、今の時期だって旬なんだ。産卵期を終えて栄養を蓄え始めたタラだから本当にうまいよ。

美味しい食べ方? んだな、家ではタラ汁は塩味で食うよ。 味噌で食べるのが一般的だと思うんだげど、素材が良ければ塩だけで食うのが一番うまい。

庄内浜の魚をブランドへ チャレンジする漁業

今、うちの漁船ではエビを生きたまま持ってきて出荷するっていう技術も開発してるんだ。アマエビやボタンエビで挑戦中。生きてるものが出荷できればその日に市場でつく価格が大きく変わる。 ここでしか出来ない技術が開発されれば、それが酒田のブランドになる。 まだまだ実験段階なんだけど、いろんなところで期待してもらってるし、がんばるよ。

酒田の漁

底引き網漁

海底に袋状の網をおろしてひいて、海底付近にいる魚(カレイ類、ヒラメ、タラ類、アンコウ、ホッコクアカエビ(甘エビ)、ズワイガニ等を捕る漁法。

はえなわ漁

一本の幹なわに一定の間隔で釣りばりのついた多くの枝糸をつけ、海の中層や海底にこの漁具を繰り延べて魚を釣る。マダイ、メジマグロ、タラやヒラメ、タイ、アカムツ(ノドグロ)、タイなどを獲るときに用いられる。

一本釣り漁

漁船の上から針と糸を使って魚を狙う漁法。メバル一本釣り、ヒラメ一本釣り、タイ一本釣り、ブリ一本釣り、イカ釣り(スルメイカ、ヤリイカ)など。

 

RANKING!人気記事

つづきを読む
店で人気の土鍋ごはんを炊飯器用にアレンジしました。

#ヨミウリウェイ #レシピ #米沢市

つづきを読む
「山形ランチパスポートVol.11」11/10(土)発売!

#パスポートシリーズ #グルメ

つづきを読む
すずらん通りに移転オープン!おいしい牛タンを駅前て…

牛たん友

つづきを読む
ご家庭でも簡単に作れるごちそうご飯です!

#ヨミウリウェイ #レシピ #山形市

つづきを読む
ストライダーエンジョイカップ 寒河江つや姫ステージ×mama…

#mamaid #フォトコンテスト #イベント #ストライダー