うちグル

SPECIAL 特集

山形のお米を使った酒屋さんのオリジナルビール 和洋酒うめかわ

    普段はお酒を売る立場である酒屋さんが、お米を原料にした2種類のオリジナルビールをプロデュース。地元みやげとして人気を集めています。

    庄内町にある「和洋酒うめかわ」は、日本酒、焼酎、ワインなど地元のお酒を中心に100種類ほどのお酒を扱う酒屋さん。この店の店長である三浦さんが開発したのが、県産米「つや姫」と庄内生まれのお米「亀の尾」をからつくった2つのビールです。

    一時期は通常業務を終えた後に、「家で毎晩米ぬかをフライパンで炒って、絶えず研究を重ねました」と三浦さん。店頭では100種類を超えるお酒のほかに、こだわりの調味料も販売。趣味の料理が高じたレシピブログは「うめかわおつまみレシピ」で検索を。

    米どころ山形ならではのビール。日本酒好きの方にもぜひ

    「つや姫を原料に使ったビールをつくったら、おもしろいんじゃないかと思ったのがきっかけです」と三浦さん。お米らしさをビールで表現するのに「おこげ」にヒントを得て、米ぬか、わら、玄米、籾がらなどお米にまつわるあらゆるもので試行錯誤。そして行き着いたのが、「米ぬかを焙煎してビールの原料に混ぜる」方法だったのです。フルーティでほんのり漂う米の香りと甘みがビールの苦みを中和し、飲みやすい味わいに仕上がりました。製造は新潟の酒造メーカーに委託しています。

     さらに、「つや姫」のルーツでもある庄内生まれのお米「亀の尾」を使った黒ビールも商品化。それぞれ味わうのはもちろん、2つのビールをハーフ&ハーフで飲めば、さらに楽しみ方も広がります。

     

     

     

     

    プリンセスエール(右) タートルエール(左) 各310ml 507円 (和洋酒うめかわでの販売価格) 「つや姫」から生まれたプリンセスエールと、「亀の尾」から生まれたタートルエール。1杯目はそのまま、2杯目はゆすって飲むと味が変わります。

     

    和洋酒うめかわ
    ワヨウシュウメカワ

    TEL 0234-42-2466
    住/東田川郡庄内町余目三人谷地4
    営/8:00~19:30 ※日曜・祝日~19:00
    休/第3日曜 
    駐/有
    https://www.umaisake.ne.jp

     

     


    最新の情報とは異なる場合がありますので、ご確認の上、お出かけ下さい。

    TOPICSトピックス

    RANKING!人気記事

    つづきを読む
    自宅で北海道が楽しめるテイクアウト注文スタート!

    北海道レストラン 別邸 嶋北店

    つづきを読む
    蔵オビハチで人気のランチ膳やカレーのテイクアウトはじめました

    蔵オビハチ「灯蔵」

    つづきを読む
    職場で・ご自宅で、パレスの美味しいお料理を!

    パレスグランデール

    つづきを読む
    ステーキ弁当をはじめました! お肉でパワーをつけましょう!

    ワイルドグリル

    つづきを読む
    会社&自宅ランチで楽しめるテイクアウトをご用意させて頂いてお…

    伊・食・旬 Igatta

    Related!関連記事