SPECIAL 特集

肉やスープの旨みを 野菜にたっぷり染み込ませ

専門店から町中華まで。あの店の餃子が食べたい!|やまがた餃子部 #13

掲載号:ZERO★23 2023年8月27日号

家でつくる餃子もいいけれど、やっぱり食べたくなるのは専門店や町中華の味。
そこで、やまがた餃子部が厳選したお店がこちら。
餃子はもちろん、一緒に味わいたいプラスもう一品もご紹介!

中国料理 広東

焼餃子(5450円)/焼き目はカリッとしていますが、モチモチ感もあり。

先代から受け継いだ味を守りつつ、さらなるおいしさを求め進化している
1954(昭和29)年創業の「中国料理 広東」

点心から大皿料理まで、油が少なく体にやさしい味で常連客の心を掴み続けています。皮から手づくりしている餃子は、野菜を細かく刻み、しっかりと絞ったところに肉やスープの旨みをふんだんに染み込ませ、一体感のある餡に。スープ餃子や海老むし餃子もあります。

 

\一緒に味わいたいプラスもう一品/

酢豚 小(1,080円)/ピーマンや玉ねぎ、タケノコ、キクラゲがゴロゴロ入った人気メニュー。脂身少なめの豚モモ肉を薄めの衣で調理し、あっさり。さっぱりとした甘酢でペロリといただけます。

中国料理 広東
住/山形市南三番町6-15  マックスバリュエクスプレス南三番町店敷地内
電/023-624-0395
営/11:00〜15:00(L.O.14:30)、17:00〜21:30(L.O.21:00)
休/木曜
駐/有


最新の情報とは異なる場合がありますので、ご確認の上、お出かけ下さい。

TOPICSトピックス

RANKING!人気記事

Related!関連記事