SPECIAL 特集

大石田そば街道《後編》

三大そば街道(2)|山形のそば

掲載号:ZERO☆23 2023年10月27日号

各家庭で大切な客人をもてなす際、手打ちそばを振る舞う風習があった大石田。
地元産「来迎寺在来」「次年子在来」で打つ、伝統の味を町内15店で楽しめます。

そば切り源四郎


板そば 並盛 800円
透き通った美しいそば。ワラビの一本漬けや大根の紅花漬け、きくらげ、こごみなど、日替わりの季節のお通しも訪れる楽しみに。

クセになる食感の粗挽きそば。きじ汁も人気

次年子(じねんご)で店を開いて22年。子どもから年配層まで幅広い世代のお客さんが訪れている「そば切り源四郎」。用いるのは、地元産の「来迎寺在来」100%。そばは雪室で保存し、使う分だけをその都度、自家製粉。そばがつながるギリギリまで粗挽きにして、実のつぶつぶ感と噛むほどに甘みが広がる、この店ならではの独特の食感に仕立てています。そば本来の味を堪能するために、ひと口目は塩でいただいてみるのもおすすめ。

【そばDATA】品種:来迎寺在来 / 配合:二八 / 太さ:中太


きじ汁 400円/猟師だった店主の祖父のきじ汁をヒントに考案したメニュー。温かい汁につけると麺の食感が変化。お椀1杯分のハーフ(250円)もあり。

そば切り源四郎
住/北村山郡大石田町次年子149
電/0237-35-6307
営/11:00〜16:00
休/木曜(祝日は営業、臨時休業あり)
駐/有

手打次年子そば


もりそば 800円
11月3日から新そばの提供をスタート。挽きたて・打ちたて・茹でたてに加え、採れたてのおいしさが味わえる特別な時期です。

きめ細かなそば粉で打つ、舌触りなめらかな来迎寺そば

創業36年、次年子地区で一番古い歴史を持つのがこのお店。二代目店主の海藤さんは大石田そば街道の会長を務めており、創業以来、自家製粉と手打ちにこだわっています。大石田町産の「来迎寺在来」を通常より2割ほど細かいふるいで製粉。きめの細かいそば粉で打つ田舎そばは、舌触りのよさが特徴です。3品のおかずとともに提供されるのが山辺町産の本わさび。辛みが少なく、爽やかな香りがそばの風味を引き立てます。

【そばDATA】品種:来迎寺在来 / 配合:九一 / 太さ:太

 


かいもち 900円/きめの細かいそば粉だからこそ実現できる、ふんわりなめらか食感。納豆やそばつゆとともにいただきます。切りそばとはひと味違った、甘い風味が楽しめます。

手打次年子そば
住/北村山郡大石田町次年子75
電/0237-35-2870
営/11:00〜14:30
休/火曜
駐/有

そば座敷 平吉


そば膳(20食限定) 1,300円
もりそばと山形名物だしのぶっかけそば、2種が楽しめます。前菜、揚げだしかいもち、そばおしるこが付いた大満足のセットです。

地域の文化を繋ぐ、本格手打ちの次年子そば

次年子地区でかつて米が不作の時期に栽培されていた「次年子在来」。大石田で唯一この品種のそばを提供しているのが「そば座敷 平吉」です。地元産100%のそば粉で打つ次年子そばを楽しんでもらいたいと、14年前に海藤さんご夫婦が始めました。そばの栽培から製粉に至るまで、店主自ら行っています。上品な細めのそばに合わせるのは、鰹節と昆布だしの効いた甘めのつゆ。1日20食限定の「そば膳(1,300円)」がイチ押しです。セットで付いてくる揚げ出しかいもちは、ふわっと不思議な食感で、ほかではなかなか味わえない店自慢のひと品です。

【そばDATA】品種:次年子在来 / 配合:二八 / 太さ:細


豆乳プリン 200円/妻・喜美子さんの手づくりデザート。無添加にこだわった、口どけなめらかな豆乳プリンと黒蜜のやさしい甘さがベストマッチ。食後のデザートにいかがですか?

そば座敷 平吉
住/北村山郡大石田町次年子419
電/0237-35-4091
営/11:00〜15:00
休/火・水曜
駐/有


最新の情報とは異なる場合がありますので、ご確認の上、お出かけ下さい。

TOPICSトピックス

RANKING!人気記事

Related!関連記事