SPECIAL 特集

各店のこだわりが詰まったチーズケーキ6品をご紹介

チーズ×スイーツ

掲載号:ZERO★23 2023年12月27日号

チーズのコクや酸味、塩味など、素材を生かした極上スイーツ。
各店のこだわりが詰まったチーズケーキ6品をご紹介。

eigyokudo Cafe

老舗和菓子屋が手がける 和と洋のマリアージュ


あんチーズ 1,800円


「eigyokudo Cafe」特製、カマンベールとクリームチーズの2種類を使用したチーズケーキ。独自の焼成方法で中心をとろっとした食感に仕上げています。中には、北海道十勝産の小豆を使った「榮玉堂」の粒あんがたっぷりIN。芳醇なチーズの風味とあんこのやさしい甘さが口の中に広がります。

eigyokudo Cafe
住/山形市旅籠町2-1-41 gura山形内
電/023-664-2378
営/ショップ 9:00〜18:00、
カフェ9:00〜17:00(L.O.16:30)
休/月・火曜
駐/有

十五屋本店

星空をイメージした心ときめくビジュアル


星屑ノ夜空 420円


大正2(1913)年創業、上山市の老舗菓子店「十五屋本店」。ここ数年で徐々に種類を増やし、その豊富なラインナップが話題を集めています。なかでもおすすめは透き通るブルーが美しいソーダゼリーを合わせたレアチーズケーキ。ほかにもスフレチーズやNYチーズケーキなど、9種類を展開しています。

十五屋本店
住/上山市十日町1-13
電/023-672-0169
営/9:00〜19:00
休/火曜
駐/有

Cafe Anju

2種のチーズで仕上げた、虜になる濃厚なめらか食感


バスクチーズケーキ 400円


お店で1番人気のカフェメニュー、口どけなめらかなバスクチーズケーキはテイクアウトが可能。チーズの塩味と酸味がほどよいバランスで感じられるよう、2種のクリームチーズをブレンドしています。表面は香ばしく、内側はとろける食感。ホールサイズ(3,200円)で食べたい方は事前予約を。

Cafe Anju
住/東村山郡山辺町山辺1228-2
電/080-9638-3656
営/ランチ11:00〜14:00(L.O.13:30)、カフェ14:00〜17:00(L.O.16:30)
休/日・月曜
駐/有

ella coffee &

甘さ控えめで奥ゆかしいほろ苦さ、抹茶好きは必食


抹茶と甘酒のバスクチーズケーキ 600円


抹茶のほろ苦さが存分に感じられるバスクチーズケーキ。甘酒とてんさい糖でナチュラルな甘さに仕上げることにより、たっぷり練り込んだ抹茶が存在感を放ちます。塩を合わせるのはスペイン・バスク地方発祥の食べ方。ほどよい塩味がチーズのコクと旨みを引き立て、コーヒーや赤ワインと相性抜群です。

ella coffee &
住/山形市七日町4-3-19-1 holic内
電/無
営/9:00〜17:30
休/不定休
駐/無

菓子工房ほていや

果実の酸味と甘みを閉じ込めた、純白のムースケーキ


クリーヌ 450円


ふんわり軽い口どけのムースケーキは、酸味とコクが特徴のデンマーク産クリームチーズを使用。ヘーゼルナッツサブレを土台に、中にはブルーベリーの果肉入りジュレや、カシスのコンフィチュールが隠れています。シンプルな見た目からは想像できない、さまざまな風味と食感が楽しめるケーキです。

菓子工房ほていや
住/東根市神町東2-1-10
電/0237-47-0667
営/9:00〜19:00
休/水曜(祝日の場合は営業)
駐/有

アビー

紹興酒が爽やかに香る、厳選素材のチーズケーキ


極上チーズケーキ 3,000円


1日10本限定。蔵王のクリームチーズと県産卵など厳選素材でつくりあげるチーズケーキは、解凍の度合いで異なる食感や味わいが楽しめます。オーナー安孫子さんのイチ押しは半解凍。溶けた外側はなめらかで、中心は冷たくずっしり濃厚。アクセントに紹興酒を効かせた、ちょっと大人なひと品です。

アビー
住/山形市七日町2-1-24
電/070-2014-2787
営/17:30〜25:00、
金・土・日曜、祝日11:30〜14:30も営業
休/月曜
駐/有


最新の情報とは異なる場合がありますので、ご確認の上、お出かけ下さい。

TOPICSトピックス

RANKING!人気記事

Related!関連記事