SPECIAL 特集

ママレポーターが、地元でお気に入りのショップやイベントなどを紹介します。

YAMAGATA 子育てmama掲示板  SYONAI編

掲載号:mamaid 2018年12月20日号

「食べることは、未来をつくる」酒田市発の食育プロジェクト

一度目にしたら誰もがキュンとする、マトリョーシカのはぐちゃんママ。実はこれ、酒田市在住のイラストレーターrikkoさんがデザインした、「酒田はぐ食プロジェクト」のメインキャラクターで、酒田のママにじわじわと広まっています。このプロジェクトは、2015年に酒田商工会議所が開催した「酒田未来塾」(市内の若者が酒田の未来について考えるセミナー)でスタート。「命をはぐくむ食事」という意味を込めて「はぐ食」と名付けられたそうです。元気な子供を授かり、産み、育てるために、地方だからこその豊富な食資源で、子育て環境をサポートしたいと、様々な取り組みを続けています。個性的なはぐフレンズたちが活躍するリーフレットの配布や、酒田市内のレストランやカフェと連携したメニュー作り、またイベントの主催やオリジナルメニューの試食会など、「毎日3食」「まごわやさしい」をキーワードに、食習慣の提案を発信し続けています。


毎日食べたい食材たち。無理せず少し意識をするだけでも、この先の未来は明るくなりそうですね。

山形の良さを、食事を通して発見してみませんか?

「まごわやさしい」をちょっと意識できるようになったら、積極的に「旬」の食材を取り入れてみませんか? 旬の食材は、その他の時期に採れるものに比べて栄養価が高いだけではなく、香りやうまみもたっぷり! しかも、旬の時期になると流通量も増えるので、新鮮で安く手に入りますよ。薄めの味つけでも十分美味しく食べられるので、特に食事のメニューがマンネリになりがちな離乳食期には、ぜひ参考にしてみてくださいね。特に山形県は、食料自給率が高く、お米はもちろん、海のものから山のものまで非常に食材が豊富な県。「山形で生まれ育ってよかったね」と、食事を通して親子一緒に「山形の良さ」を見つけていってくださいね。


酒田市発行の「食育ハンドブック」に掲載されているはぐ食レシピ。在来食材の新しい食べ方を提案しています。

酒田はぐ食プロジェクト

詳しいプロジェクトの取り組みは、
Facebookでチェック。
→ @hagushokupj


最新の情報とは異なる場合がありますので、ご確認の上、お出かけ下さい。

RANKING!人気記事

つづきを読む
オープン3周年!かみのやま倉庫店のツアーを体験

#mamaid #まとめ #レポート #ファミリー #コストコ

つづきを読む
癒しの温泉にグルメ。冬の旅も楽しい☆

#ヨミウリウェイ #まとめ #旅行 #温泉 #旅館

つづきを読む
リピーターさん続出! ファミリーに優しいダイニングカフェ

dining KE&KU space

つづきを読む
チーズとワインのマリアージュ

#ZERO☆23 #チーズ #山形市

つづきを読む
200人の読者アンケートで選ばれた推しグルメ!

#ZERO☆23 #まとめ #グルメ

EVENTイベント情報

NEW
つづきを読む
狂言風オペラ フィガロの結婚

2019年3月17日

NEW
つづきを読む
モーツァルト歌劇「魔笛」

2019年3月17日

NEW
つづきを読む
美術の見方案内所Ⅱ

2019年2月2日〜3月17日

Related!関連記事