うちグル

GOURMET たべる

やまがたの町中華 No.6

中国料理 広東

掲載号:ZERO☆23 2020年4月27日号

もっとおいしく風味豊かに。人と時代が育てる味

 長い歴史を持つ料理店には、時代の変化を乗り越えてきたからこその泰然とした佇まいがあります。「中国料理 広東」もそんなお店のひとつ。東京は神保町の中華料理店で修行していた先代が、山形市七日町にある明善寺の一角を借りて創業したのは1954(昭和29)年のこと。翌年には近くに小さな店舗を構え、間もなくして旧県庁や花小路のにぎわいが華やかだった新築西通りに移転。市内では個人で初の中華専門店として人気を博しました。
 その後は県庁前に3号店を出店し安定した経営を続けていましたが、4店舗目となる山形駅前店の高級路線が軌道に乗らず撤退。県庁前店に注力し、地道にお客さんに喜ばれるメニューを考え料理の味を追求していると、酒粕を使った「やまぶき麺」がテレビ局のディレクターの目にとまり、全国放送の人気番組で紹介されることに。その影響は大きく、放送後は県外客の車で駐車場がいっぱいになる毎日だったといいます。
 1999(平成11)年に移転した白山から現店舗にリニューアルオープンしたのはおととし12月。迫力ある彫刻画や美しいランタンを修復し、中国の雰囲気を感じさせる優美な店内へと生まれ変わりました。さまざまな理由で場所を変えながらも常連客の心を掴んでいるのは、味覚に訴えかけてくるシンプルでありつつ繊細な味のよさ。先代から受け継いだ味と技を守るとともに、さらなるおいしさを求め進化しています。「中華料理の道で40年、気持ちが途切れなかったのは環境がいろいろ変わってきたからかもしれません。ここでまた新たな気持ちで頑張っていきたいですね」と笑顔を見せた2代目の石関正三郎さん。定番メニューに少しずつ工夫を重ね、お客さんの舌を満足させる、風味のいい点心なども生み出しています。

点心から大皿料理まで油が少なくやさしい味。
驚くほどやわらかな豚肉と酢のまろやかな味わい。酢豚(小 980円) ぎゅっと旨みが詰まった蒸ししゅうまい(5個500円)
一番人気の酸辣湯麺(900円)  
中国料理 広東
(チュウゴクリョウリ カントン)

住/山形市南三番町6-15 マックスバリュエクスプレス南三番町店敷地内
電/023-624-0395
栄11:00~15:00(L.O.14:30)、17:00~21:30(L.O.21:00)
休/木曜
駐/有(共用30台)

テイクアウトOK
※汁物以外OK。弁当・オードブル可
※電話予約可


最新の情報とは異なる場合がありますので、ご確認の上、お出かけ下さい。

TOPICSトピックス

RANKING!人気記事

つづきを読む
自宅で北海道が楽しめるテイクアウト注文スタート!

北海道レストラン 別邸 嶋北店

つづきを読む
蔵オビハチで人気のランチ膳やカレーのテイクアウトはじめました

蔵オビハチ「灯蔵」

つづきを読む
職場で・ご自宅で、パレスの美味しいお料理を!

パレスグランデール

つづきを読む
ステーキ弁当をはじめました! お肉でパワーをつけましょう!

ワイルドグリル

つづきを読む
会社&自宅ランチで楽しめるテイクアウトをご用意させて頂いてお…

伊・食・旬 Igatta

Related!関連記事