うちグル

GOURMET たべる

そば屋を温飩(うどん)屋とよんでいた藩政時代。23軒の店が戦場に行き、兵糧方を勤めるという取り決めがありました。

粉名屋小太郎(そば / 創業308年)

掲載号:ZERO☆23 2020年11月27日号

米沢藩の有事を支えたそば屋

2人のお婿さんと女性たちが守る、食べさせ上手の割子そば。
店の壁に掛けられた長い書状。粉名屋小太郎のご先祖が、米沢藩よりもらい受けた「饂飩屋株(うどんやかぶ)」です。これを所持する者は有事に、戦場で兵士たちの食事を準備するというもの。緊急事態となれば、表口からどっと武士たちがなだれ込み、長い土間の両側に腰をかけ、大急ぎでそばを掛っ込んで、裏口よりどっと戦場へ向かったそうです。
その後、店は100年ごとに少しずつ移転し、今の場所へ。1966(昭和41)年、米沢~福島間をつなぐ栗子トンネルが開通すると、11代目・金田仁助さんは割子そばを始めます。 どのそば屋も当時はラーメンを提供していましたが、これを機に、粉名屋小太郎はそば一本に。ラーメン1杯60円の時代に、割子そばは350円。しかし、これが大当たり! 企業の「接待文化」と相まって、人気そば店となりました。
11代目の妻よしさんが管理する、手入れの行き届いた建物と庭も魅力のひとつ。城下町の雰囲気を感じることができます。腕を振るうのは12代目・金田和博さんと、13代目の洋一郎さん。実は二人ともお婿さんで、それぞれがそば打ち修業を経て、自分にあった打ち方を身につけました。2人のお婿さんと女性たちが店を守り続けています。

割子そば 5段 1,900円
小さな割子に盛り分けたそばに、一段ずつ違った薬味をのせ、つゆをかけてどうぞ。この日は菊とくるみ、えび天、マグロ、とろろ、なめこおろし。薬味は季節によって変わります。

十割手打ちそば 板のせ(1,600円)。
そば打ちは二人で。「父は柔軟な人。私とはゆるやかな職人気質でつながっていると思う」と洋一郎さん。

ここがスゴイ! 粉名屋小太郎のスリーポイント

1.お殿さまからの営業許可

米沢藩六代藩主・上杉吉憲公から温飩屋(うどんや)株と鑑札を授かりました。13代にわたり受け継いでいます。

2.支店は出さない

「注意が分散するから、支店はつくらない。1店で精一杯やる」と洋一郎さん。100年を越える蔵と庭は11代目の奥さまが管理。

3.店づくりは家族全員で

新型コロナウイルスで休業した際、みんなで磨いたという天井。太くて見事な梁が黒く光っています。

米沢藩御用掛込蕎麦 粉名屋小太郎
コナヤコタロウ

住/米沢市中央5‐3‐19
電/0238(21)0140
営/11時30分~19時30分 ※売切次第終了
休/月曜
駐/有


最新の情報とは異なる場合がありますので、ご確認の上、お出かけ下さい。

TOPICSトピックス

RANKING!人気記事

つづきを読む
自宅で北海道が楽しめるテイクアウト注文スタート!

北海道レストラン 別邸 嶋北店

つづきを読む
蔵オビハチで人気のランチ膳やカレーのテイクアウトはじめました

蔵オビハチ「灯蔵」

つづきを読む
職場で・ご自宅で、パレスの美味しいお料理を!

パレスグランデール

つづきを読む
ステーキ弁当をはじめました! お肉でパワーをつけましょう!

ワイルドグリル

つづきを読む
会社&自宅ランチで楽しめるテイクアウトをご用意させて頂いてお…

伊・食・旬 Igatta

Related!関連記事